茅ヶ崎版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

海底にプラごみ埋没 有志が烏帽子岩付近で回収

社会

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena
海底からプラごみを回収するダイバー(豊田さん提供)
海底からプラごみを回収するダイバー(豊田さん提供)

 相模湾などで環境保全活動に取り組む写真家の豊田直之さん(60)らが4月12日、烏帽子岩付近の海底でプラスチックごみが埋まっているのを発見した。

 濁り始めた春の海の視界は4mほど。豊田さんら7人のメンバーは水深約25mの海底で定点調査を行った。ダイバーが熊手やスコップを片手に海底を掘り返すと、20cmほど積もった土砂の下からビニール袋やペットボトル、ゴルフボールなどのごみが大量に現れた。

 昨年の台風15、19号の影響で相模川から流出した土砂で埋まったとみられるプラスチックごみ。多くは海水より軽いため浮くが、海中で生物が付着したり、分解が進むと沈んでいく。豊田さんは「このままではさらに回収が困難になってしまう」と警鐘を鳴らす。

コロナ流行と同じ他人事ではない

 豊田さんらは2018年12月、茅ヶ崎海岸の沖合約1kmの海底でプラごみを発見し、一部を回収した。しかし19年12月の調査では同じ場所でごみは発見できなかった。同年の台風の影響でごみが埋没したと考え、今年4月に再び潜った。

 長年写真家として湘南の海を撮り続け、小学校で環境教育などを行う「NPO法人海の森・山の森事務局」の理事長も務める豊田さん。「今の状況はコロナ流行と似ている。いつまでも他人事ではやがて取り返しがつかないことに。街のごみの削減など海に潜らなくてもできることを考えてもらいたい」と訴えた。

タイヤやボールを回収
タイヤやボールを回収

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

孤独増すコロナ下の出産

孤独増すコロナ下の出産 社会

「当たり前」ができない

1月15日号

宣言下の時短営業始まる

宣言下の時短営業始まる 社会

公共施設も午後8時まで

1月15日号

茅ヶ崎の人口が最多更新中

茅ヶ崎の人口が最多更新中 社会

コロナ下の転入の影響も

1月8日号

帽子代、家庭負担に「待った」

帽子代、家庭負担に「待った」 教育

市内企業が小学校へ寄贈

1月8日号

新スタンダードは「適(ちょうどいい)」

新スタンダードは「適(ちょうどいい)」 政治

佐藤光市長 新春インタビュー

1月1日号

「新標準」動画で紹介

「新標準」動画で紹介 社会

YouTubeできょうから公開

1月1日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク