茅ヶ崎版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

海底にプラごみ埋没 有志が烏帽子岩付近で回収

社会

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena
海底からプラごみを回収するダイバー(豊田さん提供)
海底からプラごみを回収するダイバー(豊田さん提供)

 相模湾などで環境保全活動に取り組む写真家の豊田直之さん(60)らが4月12日、烏帽子岩付近の海底でプラスチックごみが埋まっているのを発見した。

 濁り始めた春の海の視界は4mほど。豊田さんら7人のメンバーは水深約25mの海底で定点調査を行った。ダイバーが熊手やスコップを片手に海底を掘り返すと、20cmほど積もった土砂の下からビニール袋やペットボトル、ゴルフボールなどのごみが大量に現れた。

 昨年の台風15、19号の影響で相模川から流出した土砂で埋まったとみられるプラスチックごみ。多くは海水より軽いため浮くが、海中で生物が付着したり、分解が進むと沈んでいく。豊田さんは「このままではさらに回収が困難になってしまう」と警鐘を鳴らす。

コロナ流行と同じ他人事ではない

 豊田さんらは2018年12月、茅ヶ崎海岸の沖合約1kmの海底でプラごみを発見し、一部を回収した。しかし19年12月の調査では同じ場所でごみは発見できなかった。同年の台風の影響でごみが埋没したと考え、今年4月に再び潜った。

 長年写真家として湘南の海を撮り続け、小学校で環境教育などを行う「NPO法人海の森・山の森事務局」の理事長も務める豊田さん。「今の状況はコロナ流行と似ている。いつまでも他人事ではやがて取り返しがつかないことに。街のごみの削減など海に潜らなくてもできることを考えてもらいたい」と訴えた。

タイヤやボールを回収
タイヤやボールを回収

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook