茅ヶ崎版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

競技としてのSUPを広める活動をしている 大森 正也さん 本村在住 27歳

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena

SUPで人を幸せにしたい

 ○…サーフボード大のボードに立ち、パドルで漕ぐSUP(スタンドアップ・パドルボード)。特定の距離を複数人が順位を競う「競技としてのSUP」を広めようと活動している。週5日、相模川河口で練習し、一般社団法人「サップリーグジャパン」の理事として普及に努めているほか、ウェブを活用して認知拡大を図る会社を起業、啓発に励む。

 ○…生まれも育ちも茅ヶ崎。大学1年生でサーフィンを始め、3年生の時に先輩に誘われ、SUPに出会った。ゆったり楽しむものと思っていたSUPのイメージが「良い意味で裏切られた」。「一瞬が勝敗を分ける。一漕ぎに練習のすべてが現れ、自分の力でどこまでも行ける気がしてくる」と話し、早稲田大学でSUPの公認サークルを発足。全日本学生SUP連盟を立ち上げた。自身は2019年の全日本選手権で7位になるまで成長した。

 ○…早大では、船など大きく動くものが好きだったことから創造理工学部で流体力学を研究。船周りの水の抵抗を推定することをテーマに学んだ。SUPのボードデザインや形状を考える際、力学の知識が必要になってくることからスピードと安定性を兼ね備えた「自分の理想のボードを作りたい」。今は実現に向けて工場の選定中だ。

 ○…目指すは「海の箱根駅伝」。正月に20チームで対戦し、ドローンで撮影した映像をスマホで観戦したり、選手の様子や心拍数をリアルタイムで確認できたりといった観戦体験を作りたい、と起業した。関わる人を増やし、SUPで「幸せにしたい」。「僕がきっかけで始めた人が、やって良かったと思えるものにすることがその人たちへの責任」と強い想いで、夢に向かって歩みを進めている。
 

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

市内在住 43歳

10月22日号

高村 えり子さん

9月28日に産後の母親に向けたサイトを開設した「ママほぐ」の代表

高村 えり子さん

市内在住 34歳

10月15日号

三上 勝之さん

筋肉自慢が集う「福島ッスル」で準優勝した

三上 勝之さん

元町在住 30歳

10月8日号

小林 勝さん

20周年を迎えた茅ヶ崎ダンススポーツ連盟会長

小林 勝さん

藤沢市在住 69歳

10月1日号

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook