茅ヶ崎版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市文化資料館 おうちでミュージアム 連載Vol.17

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
◀染付向高形小便器
◀染付向高形小便器

染 付 便 器

 トイレは、私たちが暮らしていく上でとても大切なものです。歴史は古く、日本では約5500年前の遺跡からトイレと考えられる場所が見つかっています。長い時間をかけて現在の清潔で便利なトイレが生まれました。

 19世紀後半に発生した濃尾大震災(1891年)の復興を契機に現在の愛知県の瀬戸や常滑で陶器の便器が作られるようになり、板や桶などの木製の便器にとってかわっていきました。

 陶器の便器が全国的に普及したのは、明治時代の後半に入ってからといわれています。特に、明治から大正時代にかけての便器は、染付や青磁など芸術性の高いものでした。

 また、男性用の小便器は、木桶を用いた小便器の形を踏襲したものや、下側が細く上が広く開いた「朝顔」に似た形のものがありました。

 今回紹介するのは、瀬戸の染付便器で、市内の民家で使用されていたものです。大正12年の関東大震災の後に設置されたものと推察されます。

 暮らしに欠かせないトイレの歴史を紐解いていくことで、先人の知恵と生活の変遷を垣間見ることができるのは非常に興味深いです。

▶染付角形大便器
▶染付角形大便器

茅ヶ崎版のコラム最新6

ヘルプマークを持つ内部障がいの私から

連載「広げよう心のバリアフリー」【1】

ヘルプマークを持つ内部障がいの私から

12月3日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす

TAKAKOのfabulous LIFE

12月3日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.18

11月19日号

人の上にパンを置かない

【7】茅ヶ崎ベーカリー(東海岸北) パンの聖地茅ヶ崎

人の上にパンを置かない

11月5日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.17

10月15日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.16

9月17日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook