茅ヶ崎版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

2021年出動状況 救急は905件増 火災は2件減 死者はゼロ

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 2021年1月1日から12月31日までの火災、救急出動状況が1月4日、茅ヶ崎市消防本部から発表され、火災が38件(前年比2件減)、救急出動が1万1350件(同905件増)となることが分かった。

火災発生状況

 21年の火災件数は、5年ぶりに40件を下回る38件、このうち建物火災が28件、車両火災4件、枯草による延焼や農具置き場からの出火など、その他の出火は6件。

 主な原因はたばこ、コンロがそれぞれ5件、電気関係が4件。負傷者は前年比3人増の14人だったが、死者数は昨年に続きゼロだった。

 昨年末の12月28日にJR茅ケ崎駅北口の飲食店で正午過ぎに発生した火災では駅周辺の交通規制が行われ、約3時間半後に消し止められた。鍋の油に火が燃え移ったことが原因で、当時は客はおらず、けが人はなかった。

 消防総務課では「火災による死者数を減らすため、住宅用火災報知器をはじめ、消防用設備の適切な設置・維持管理に努め、火災予防の普及啓発に取り組む」としている。

救急出動件数

 前年比905件増の1万1350件となった救急出動件数。月平均では946件、1日の出動件数は前年から2件増の31件となった。同課では「背景には高齢化などの要因もあるが、緊急事態宣言解除に伴う外出の増加、感染拡大第5波による救急搬送の増加などによる」としている。

 救急搬送者は1万753人(前年比944人増)。内訳は入院を必要としない軽症者が前年の4125人から4028人となり、全体の約39%を占めた。65歳以上の高齢者の救急搬送は前年から492人増の6876人。

 また、新型コロナウイルス感染症陽性者の搬送者数は7月下旬から9月中旬にかけて急増し、前年の33人から120人増の153人となった。同課では、臨時に救急隊を増設するなど救急体制を強化して対応にあたったという。

 同課では「引き続き救急車の適正利用の周知と、『事故を未然に防ぐ、予防救急』に取り組む」とした。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

男子2選手が全国へ

中学陸上

男子2選手が全国へ スポーツ

18日から福島県で開幕

8月12日号

製糸場跡に記念碑設置へ

製糸場跡に記念碑設置へ 社会

市民団体 年内実現めざす

8月12日号

欠席連絡 スマホでも

欠席連絡 スマホでも 教育

小中学校で導入へ

8月5日号

今秋「こども選挙」実施へ

今秋「こども選挙」実施へ 社会

市長選で候補者に投票

8月5日号

災害時キャンピング車活用

茅ヶ崎市

災害時キャンピング車活用 社会

民間事業者と協定締結

7月29日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

7月30日、市内堤に

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook