茅ヶ崎版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

市年間観光客数 前年15%増の209万人 コロナ前の8割に回復

経済

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
市内の観光客数を観測する場所の一つとなっている茅ヶ崎海岸=6月25日
市内の観光客数を観測する場所の一つとなっている茅ヶ崎海岸=6月25日

 茅ヶ崎市は6月20日、2021年の観光客数が209万人だったと発表した。前年の182万人から28万人の増加で、割合にすると15・3%増えたことになる。コロナ前の2019年は257万人だったが、その8割にまで回復。今後の集客に向けて、市の担当者は「(中止となっている)イベントの開催とそのPRが重要になる」と話している。

 昨年4月から9月にかけては、緊急事態宣言の発令による人流制限や、大岡越前祭をはじめとする市内4大イベントの相次ぐ中止に加え、海水浴場の開設期間の短縮などが影響して観光客数が減少した。ところが、10月に入ると、感染者数の減少に伴い経済活動が再開。そうした状況を受け、各施設に多くの来場者が訪れるようになったことから市は前年と比べて観光客数が全体的に増加したものと推測する。

 観光全体の消費額は前年の36億2300万円から0・5%減の36億500万円で、約1800万円の減少となった。

 宿泊費は過去5年間で最も多い4億2713万円で、前年よりも約1億1100万の増加に。これまで市を観光で訪れる人のほとんどが日帰りだったが、コロナで遠方への外出にリスクを感じる人が増えたとし、市は「密を避けて近場で旅行気分を楽しもうと考える人たちが増えたことも影響したのでは」と話す。

 宿泊客の居住地にも変化が出ており、これまでは東京近郊の人が多かったが、最近は隣市の平塚や藤沢から来訪する人も増えてきているという。

 一方で、飲食費は前年の24億9200万円よりも少ない、22億4500万円。この結果については「コロナの影響で巣ごもり需要が高まり、外食の割合が低下したと考えられる」としている。

イベント復活がカギ

 観光客をさらに増やすための方策として、市はコロナで中止を余儀なくされているイベントの復活に期待を寄せる。観光客数の中にはイベントの来場者数も含まれるからだ。併せて、ドラマや映画などのロケ地を誘致するフィルムコミッション事業も有効な方策の一つとして位置付けていく考えだ。

 市内経済の早期回復を目的とした景気刺激策も検討していく方針。減少した飲食費の増加などにつなげたい意向だ。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

男子2選手が全国へ

中学陸上

男子2選手が全国へ スポーツ

18日から福島県で開幕

8月12日号

製糸場跡に記念碑設置へ

製糸場跡に記念碑設置へ 社会

市民団体 年内実現めざす

8月12日号

欠席連絡 スマホでも

欠席連絡 スマホでも 教育

小中学校で導入へ

8月5日号

今秋「こども選挙」実施へ

今秋「こども選挙」実施へ 社会

市長選で候補者に投票

8月5日号

災害時キャンピング車活用

茅ヶ崎市

災害時キャンピング車活用 社会

民間事業者と協定締結

7月29日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

7月30日、市内堤に

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook