神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年2月2日 エリアトップへ

災害ボラセン初の運営訓練 ICT活用で受付円滑化

社会

公開:2024年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市と茅ヶ崎市社会福祉協議会との共催で1月24日、災害ボランティアセンター設置運営訓練が初めて実施された。ボランティア希望者の受け付けや調整にICTを活用。今後マニュアル改定などにも生かし、有事に備えていく考えだ。

 災害ボランティアセンターは、被災地でのボランティア活動の拠点を指す。地域におけるニーズを把握してボランティアの受け入れや調整などの役割を担う。

 市内で大規模災害が発生した場合、市社会福祉協議会が主体となり、市民文化会館にセンターを設置することになっている。

 これまでも市と市社協による設置訓練は行われてきたが、運営の訓練は初。「豪雨で相模川が氾濫し、市西部が浸水した」という想定で訓練はスタートした。

フォーム事前入力

 今回の訓練では、ボランティアの受付と調整にICT(情報通信技術)を活用するシミュレーションも行った。

 ボランティアを希望する参加者は、事前にウェブの専用フォームから申し込み、その際に運転免許などの所持する資格や会話可能な言語といったスキルも記入。センターに到着するとグループに分かれ説明を聞き、現場での活動を写真に収めてセンターに戻り報告するという実際の運営を想定した流れをなぞった。

 参加者からは、「事前に登録していたので受け付けがスムーズだった」などの声が聞かれた。また、訓練後のアンケートの集計にもフォームを活用し、通常だと数日かかる処理も「その日のうちに完結できた」と市社協職員は話す。「作業の活動報告にもフォームを活用する事で、残りの作業を把握しやすくなるのでは」などの案も上がっており、検討していくという。

 若林英俊事務局長は「能登半島地震をはじめ近年、全国で大規模災害が発生しているが、決して対岸の火事にしてはならない。災害ボランティアの必要性は年々高まっており、センターの円滑な設置に向け、備えていきたい」と話した。

箱根湯の花ゴルフ場 うぐいす会員募集中

相模湾を眼下に望む、心躍るゴルフコース。空気の澄んだ高地で絶景を楽しみながらのプレーが満喫できます。

https://www.princehotels.co.jp/golf/experience/yunohana/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

過去最大932.3億円に

市新年度一般会計

過去最大932.3億円に

子ども・子育て支援に注力

3月1日

「茅ヶ崎ライブ」の感動再び

「茅ヶ崎ライブ」の感動再び

特別上映会にファン歓喜

3月1日

「パリへ切符つかみたい」

パラ水泳選手田中映伍さん

「パリへ切符つかみたい」

3月9、10日に選考会

2月23日

市内から2件が認定

県なでしこブランド

市内から2件が認定

医療介護・環境面で評価

2月23日

サーフィン松田選手と提携

茅ヶ崎市

サーフィン松田選手と提携

次世代育成でも協力

2月16日

多様性学ぶ教材開発へ

一般社団法人4Hearts

多様性学ぶ教材開発へ

3月2日までクラファン

2月16日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

力作ずらり100点

力作ずらり100点 文化茅ヶ崎市

5日から 茅ヶ崎美術家協会展

3月5日~3月24日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook