平塚版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

"平塚産豚"でふれあい給食 やまゆりポーク80kgを寄贈

楽しそうに会話をしながら給食を食べる児童と井澤さん
楽しそうに会話をしながら給食を食べる児童と井澤さん

 子ども達に農業への理解を深めてもらおうと地元の食材を献立に使用し、その生産者らを招いて給食を食べる「ふれあい給食」が17日、岡崎小学校(鈴木正行校長)で行われた。

 今回は同校OBで、現在岡崎地区で養豚経営をしている井澤一雄(いちお)さん(やまゆりポーク生産者協議会会員)が、『やまゆりポーク』のモモ肉80kg、4800食分を北部共同調理場に寄贈し、実現した。

 この日の献立には、やまゆりポークを使用した八宝菜などが並び、児童や井澤さんは養豚に関する話やクイズを行いながら、給食を楽しんだ。児童らは「おいしい」と声を揃え、おかわりに行列を作っていた。

 井澤さんは「これからも安全でおいしい豚肉を作り、寄贈を続けたい」と話した。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク