平塚版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

代官町在住 豊田玲子さん ボディフィットネス日本代表に 肉体美の世界大会へ

スポーツ

トロフィーを抱えて笑顔をみせる豊田さん
トロフィーを抱えて笑顔をみせる豊田さん

 代官町在住の豊田玲子さん(27歳・アスリートネット湘南所属)が先月、「第5回オールジャパンミスボディフィットネス選手権大会」(日本ボディビル連盟主催/長野県中野市民会館)の164cm超級に出場し、準優勝した。

 同選手権は、「世界女子ボディフィットネス選手権大会」(10月14日〜17日/セルビア)に向けた日本代表の選考も兼ねられ、豊田さんは168cm以下級の代表選手に初選出された。

 豊田さんは、「世界大会に出るのが目標でした。欧米選手は日本人と筋肉量が違いますから勝つのは難しいですが、臆せずに世界と自分のレベルの差を感じたい」と抱負を語った。

 ミスボディフィットネスは、スポーツ選手としての体型や女性らしい美しさを競う競技で、今回準優勝した選手権では、予選と決勝の計3ラウンドで審査。ビキニやワンピースなど、各ラウンド指定のコスチュームを身にまとい、決められたポーズで体を回転して前後左右のラインを見せる。

 豊田さんは昨年から競技を始め、前回大会でも初出場ながら準優勝を果している。しかし、世界基準に至らないとして代表選出はならなかった。「昨年の経験で肩や背中、胸の筋肉を増やし、逆三角形に見せることが大事だと分かった。ポーズの取り方もすごく重要で、国内外の強い選手の写真を見て研究した」と話す。

 豊田さんは理学療法士の資格を持ち、宝町のジム「平塚スポーツケアセンター」に勤務。ビーチバレーや競輪選手のトレーニングをはじめ、一般女性のダイエット指導などを行っている。自身の練習は勤務前か勤務後の約1時間半。「スケジュール確保が難しい」と苦笑するが、「お客さんにも応援してもらっているし、国内外でタイトルが取れるように頑張りたい」と意気込んでいた。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク