平塚版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

トップ関連記事 思い出を作って被災乗り越えて

社会

松原小児童と二人三脚に興じる沙莉さん(左)
松原小児童と二人三脚に興じる沙莉さん(左)

 18日、松原小学校の体育館。石巻市から3人の児童を迎えた5年生74人は、二人三脚で挑む障害物競走などを一緒に楽しんだ。石巻市から訪れた4年生の武山沙莉さんは、初対面のお姉さんと息もぴったり。「疲れたけど、楽しかった」と話していた。

 石巻市から子供に同伴してきた保護者の武山由規江さんによると、現在住んでいる自宅は半壊の状態。大工の人手が足りず、補修はまだ先のことだという。

 由規江さんは、「子供が行きたいと言っていたので応募した。震災では一緒に遊んでいた同級生が亡くなったりと、ショックは大きかったと思う。(松原小学校の児童は)みんな元気良くて、話しやすい」と、笑顔で話していた。

 今回の訪問をコーディネートした大垣明弘さんは「子供同士はすぐ打ち解けて、仲良しになっていた。子供には、子供の励ましが一番元気づけられるのでは」と、話していた。松原小の清水大格教諭も「平塚で良い思い出を作ってもらおうと、子供達は何ができるのか自発的に企画していた」と、目を細めて話していた。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク