平塚版 掲載号:2012年2月23日号

当初予算案

「防災」や「エコ」に力点 政治

津波マップや電気自動車助成など

 落合克宏市長は、今日23日から始まる3月市議会定例会に、2012年度一般会計の当初予算案を含む33の議案を上程する。

 過去最大規模の編成となった一般会計は、三大事業に関する予算が本格的に盛り込まれ、新庁舎に59億8945万円、環境事業センターに80億2801万円、市民病院に2億6882万円の整備費を計上した。

 扶助費は、子ども手当が制度変更で前年度比12億2500万円の減額となったが、それを除く扶助費は5億2300万円増え、全体で200億円となった。

 予算案に盛り込まれた新規事業は、電気自動車購入のための助成金や、産業界で構成する協議会の立ち上げなど産業間連携促進、成年後見制度の利用支援センター開設に向けた検討会の設置など。

 他の主な事業は、「棟方志功展」「上村松園と鏑木(かぶらき)清方展」などの美術館展覧会(4018万円)、通院対象を小学校3年から6年生に引き上げる小児医療費助成(8億3192万円)、家庭用太陽光発電システムの助成(4050万円)、地域防災マップと津波ハザードマップの作成や海抜表示板の増設(1854万円)など。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク