平塚版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

七夕に"新みやげ?" 飲食店主ら開発

社会

試食会では様々な意見が飛び交った
試食会では様々な意見が飛び交った

 相模湾で獲れるソウダガツオや平塚産の青ネギなど地場産の食材を使用した「七夕まつりみやげ」が、市内に飲食店を構える(有)いしけんフードサービスと、燻製工房を営む(株)モスギャングによって開発された。24日に平塚ラスカで開催された第3回産業活性化セミナーでお披露目され、試食会も行われた。

 新たな「七夕まつりみやげ」の開発は、市が県水産技術センターや農業技術センターなどと連携し、2年程前から進めてきた。地場産食材を有効に活用し、新たな湘南ブランドを創出しようという試みだ。

 ソウダガツオと青ネギを使用したふりかけの開発を依頼されたのは、いしけんの石川賢一さん。「料理や惣菜を作るのとは勝手が違った」と話す石川さんはノウハウを一から学び、試行錯誤を続けてきた。

 完成したのは、つくだ煮タイプのふりかけ。常温保存で日持ちするという条件を満たし、料理人として素材の持ち味を活かすことにこだわった。すでに商品化され、ラスカ地下の同店で販売している。

 モスギャングの杉岡巖さんは、燻製商品の開発を担当。この日は調味料の漬け込み具合や乾燥度を変えた数種類のソウダガツオの燻製と、同じく相模湾で獲れる魚「シイラ」の燻製をお披露目した。

 「燻製は一番日持ちがするシイラを考えていたが、ソウダガツオも評判がいい。杉岡さんと話し合い、検討したい」と、市農水産課では話している。七夕まつりでのみやげ販売について同課は、「観光協会ブースでの販売など、販売方法は検討中」と話した。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク