平塚版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

エミューの卵を寄贈 里山保全活動の成果として

(上)卵を手にする落合克宏市長と絵画を手に笑顔の原安雄会長(左)深い緑色の厚い殻に覆われたエミューの卵
(上)卵を手にする落合克宏市長と絵画を手に笑顔の原安雄会長(左)深い緑色の厚い殻に覆われたエミューの卵
 土屋里地里山再生グループ(原安雄会長)が、ペットとして飼育しているエミューの卵を1月28日(火)、市に寄贈した。

 同グループは土屋で荒廃した山を里山として再生させる活動を行っている団体。5年前に発足し、3年前から市と里山保全の協働事業も行っている。エミューは、活動の象徴的存在としてつがいで飼っている。

 エミューは高さ約1・6mから2mの鳥類。卵は鶏卵の約5倍で約600gの大きさがある。

 「重い。初めて触ります」と卵を受け取った落合克宏市長。珍しいものを贈られたこととこれまでの活動に感謝の意を表した。原会長は「協働事業も無事終了し、その成果のひとつとして卵を持ってきました。持続し、循環できる里山保全活動をめざし、これからもがんばりたい」と話していた。

 この卵は2月末まで市役所入口の窓口に展示される予定だ。

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク