平塚版 掲載号:2015年7月30日号
  • googleplus
  • LINE

別北自治会の自主防犯会 電柱標語が防犯に一役

社会

標語を指さす杉山会長
標語を指さす杉山会長
 「この道通しません不審者は」「外出時は雨戸を閉めて鍵かけて」─市内岡崎の別北自治会では、電柱に巻かれた標語が地域防犯に一役買っている。

 同自治会の自主防犯会(杉山秀夫会長)が考案し、東京電力平塚支社の協力で7年前に設置。不審者や振り込め詐欺などに対して注意を呼びかける28点の標語は、地域住民が考案した。

 田園が広がる別北地区は、民家同士の間隔が離れていることや住民の高齢化により、防犯面で課題を抱えているという。同会は青色回転灯を備えた5台の車両で夕方のパトロールを実施するほか、岡崎小PTAと協力して下校時の児童を見守るなど、地域ぐるみで防犯活動に取り組んでいる。

 杉山会長は「カメラの目より人の目。活動を継続することで、別北の安全につながれば」と話している。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク