平塚版 掲載号:2016年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

平塚市 建設業者に賠償金 誤った埋立て工法指導で

政治

 平塚市は3日、県から農地転用許可をされていた土地の埋立て工事について、誤った埋立て方法を指導したとして工事費用等の一部550万円を賠償すると発表した。18日開会の市議会3月定例会に議案を上程する。

 2015年4月中旬、市内建設業者が小鍋島の水田を資材置き場に転用するため、県から農地法に基づく農地転用許可を取得。県からは、強度や耐久性を確保する「L型コンクリート擁壁」を設置し盛土をするよう指示されていた。

 しかし、市内建設業者が8月下旬に市環境課に埋立て許可を申請した際、市は県から指示された工法ではなく、比較的簡易な工事で費用負担が少なく、慣例的に指導されてきた「法面処理による工法」に、防護柵を加えた方法を提示した。業者は市に指導された工法で施工を行った。

 10月下旬にはほぼ完成していたが、農業委員会などの指摘で間違いが発覚した。協議の上、設置した防護柵を撤去し、県から指導されていたL型コンクリート擁壁を埋め込む、再工事が行われた。

 市環境課は今回の誤りの原因を「農地転用許可の資料の確認を怠ってしまった。マニュアルに、綿密な資料の確認が必須であることを明記するなどして、再発防止に努める」と説明した。担当した同課職員の処分については検討中だという。

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク