平塚版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

大正14年の駅前地図 (株)古木ビルで発見

文化

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
発見された平塚駅前の地図
発見された平塚駅前の地図

 市内で不動産業を営む株式会社古木ビルで、約90年前の平塚駅前の地図が見つかった。地図には、現在のバスロータリーに晴雲寺という寺院があったことや、駅前を中心に旅館が点在していたことが記されている。

 市博物館によると、この地図は1925年(大正14年)11月に都市調査協會が作成したもの。平塚駅前も壊滅的な被害を受けた関東大震災(23年)の2年後のもので、「地形図ではなく、商店などが表記された地図は貴重なもの」と学芸員の早田旅人さんは話す。

 地図では、同じような長細い短冊状の商店がずらりと並んでいる。これは江戸時代に、間口の広さによって課税されていた名残で、商店主は少しでも税金を安くするため、間口を狭くする代わりに奥行きのある建物にしたという。大通りに面する部分が狭く、その分たくさんの商店が並んでいるのがわかる。

 当時の主な客は、海軍火薬廠に勤めている軍人や、そこに品物を卸している商人、近隣の農村からくる人々だった。大山参りの玄関口としての役割も担っていたため、駅前に点在する旅館は、大山へと出発する参拝客でもにぎわいを見せたという。交通網の発展にともなって大山参りの客も減り、戦後に軍人や出入りしていた商人がいなくなると、しだいに旅館は衰え、店を閉めていった。

 商店に取り囲まれていた晴雲寺も、45年の平塚大空襲で全焼し、戦後の復興都市計画によって現在の立野町に移転することになる。当時のまちを語る資料の多くは消失し、晴雲寺でも船越観世音菩薩1体が残るだけだ。震災や戦災を経ても、商業のまちとして復興してきた平塚。宿場町として栄えた江戸時代から、絶えずあった人の流れや活気が、商店が所狭しと並ぶ地図から感じられる。

平塚版のローカルニュース最新6

手話ダンス広がれ

手話ダンス広がれ 文化

北村さん レッスンツアー

5月7日号

プペルバスがやってくる

プペルバスがやってくる 文化

9日 平塚湘南海岸公園

5月7日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

5月7日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

5月12日・26日 商工会議所内で

5月7日号

小学校に「安心」を

小学校に「安心」を 社会

塗装業者が除菌で奉仕

5月7日号

横浜で植物画展

横浜で植物画展 文化

平塚在住松本さん

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter