平塚版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

平塚食材で被災地に笑顔 有志団体がサバ届ける

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
ハンドサイン(中央)と竜田揚げを振る舞うタマ三郎
ハンドサイン(中央)と竜田揚げを振る舞うタマ三郎

 平塚地産地消食育研究会(伏黒哲司会長)と手話ダンスグループ「HANDSIGN」のメンバーが19日、熊本地震で被災した熊本市東区の県立熊本聾学校で平塚産のサバを使った竜田揚げを振る舞った。

 日本財団助成事業「熊本地震」聴覚障害者支援イベントに招かれたHANDSIGNが、「グループゆかりの平塚産の食材で児童を応援したい」と企画。ステージパフォーマンス後にその場で調理し、平塚漁港のマスコットキャラクター「ひらつかタマ三郎」と一緒に、およそ100食の竜田揚げを観客に配った。調理を担当した同研究会の松下雄太郎さんは「児童の笑顔が印象的で、我々もたくさんの元気をもらった」と話す。

 同研究会は、魚食普及を目的に6年前に設立。漁協関係者や料理教室の講師など15人のメンバーが在籍、低利用の魚を使ったレシピの考案などを行っている。

平塚版のローカルニュース最新6

手話ダンス広がれ

手話ダンス広がれ 文化

北村さん レッスンツアー

5月7日号

プペルバスがやってくる

プペルバスがやってくる 文化

9日 平塚湘南海岸公園

5月7日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

5月7日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

5月12日・26日 商工会議所内で

5月7日号

小学校に「安心」を

小学校に「安心」を 社会

塗装業者が除菌で奉仕

5月7日号

横浜で植物画展

横浜で植物画展 文化

平塚在住松本さん

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter