平塚版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

金目中柔道部 県新人戦 男女団体ダブルV 休部状態から復活2年目の快挙

スポーツ

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena
チーム一丸となって戦った
チーム一丸となって戦った

 第50回県中学校柔道大会新人戦(主催/県中学校体育連盟など)が先月29日、県立武道館(横浜市港北区)で行われ、金目中学校が、男女の団体戦でダブル優勝。休部状態から復活2年目の快挙となった。

 男女ともに主力選手をケガで欠く中、順調に勝ち進んだ。男子決勝では、先鋒が反則負けを喫したものの、野地鴻介主将(2年)を中心に立て直し、勝利を収めた。

 女子決勝の相手は、前回大会で敗戦した大野中学校。相手のオーダーに合わせて選手を替え、総合力で上回った。昨年の夏は悔し涙を飲んだ岸田桃佳主将(2年)は「チームが一丸となって戦った結果。本当に良かった」とうれし涙をにじませた。

 また、個人戦でも同校は男女16階級中6人が優勝するなど12人が表彰台に登り「金目中柔道部、ここにあり」を見せつけた。

「切磋琢磨」意識付け

 湘南平や富士山を望む校舎の4階では、男女あわせて32人が汗を流している。柔道経験者がいる一方、中学から競技を始めた部員は少なくなく、テニス部から転部してきた部員もいる。

 約20年前、顧問の異動で指導者不在になり休部、そこから抜け出して2年。真田州二郎監督(42)が母校の東海大学から譲り受けた畳と、生徒が裁断した添え木を組んだ稽古場にはいつも威勢の良いかけ声が鳴り響く。そうして汗を流した日々が今大会で実を結んだ。

 快進撃の原動力を真田監督は「選手全体の底上げがなされたこと」と力説する。体幹を鍛える練習を取り入れたほか、普段から「切磋琢磨」を選手たちに意識づけ、週3回、平塚柔道協会や東海大学の練習に参加させるなどより高いレベルで研さんを積ませていった。

 野地主将は「控えを含めた部員全員が練習中も真剣に取り組んだからこそ結果を残せた」と大会を総括。「夏の大会に向け、部員一丸でさらに頑張っていきたい」と上を向いた。

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

鎌倉俳句で年間大賞

鎌倉俳句で年間大賞 文化

東真土在住の石川潔さん

6月10日号

ベイカップ準優勝

平塚リトルシニア

ベイカップ準優勝 スポーツ

3年生が活躍

6月10日号

自己ベストで優勝

ハンマー投

自己ベストで優勝 スポーツ

平塚学園高 箱井杏音さん

6月10日号

海の漂着物を図鑑に

海の漂着物を図鑑に 文化

明石町の深澤さんが作成

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

技術磨きIHへ

走幅跳

技術磨きIHへ スポーツ

星槎国際湘南 坂田生成さん

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter