神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2017年3月23日 エリアトップへ

秋山博の功績 墓前で偲ぶ 視覚障害者の自立支援に尽力

社会

公開:2017年3月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
紹介文が設置された墓前で手を合わせた
紹介文が設置された墓前で手を合わせた

 盲人教育の先駆者で、現在の神奈川県立平塚盲学校の創始者である秋山博(1863―1918)の功績を紹介しようと、秋山博墓前祭(池田弘実行委員長)が20日、南金目の寂静寺で開催された。墓前祭には主催した金目エコミュージアムのメンバーに加え、落合克宏市長や地域住民らが参加し、いち早く社会福祉の精神を体現した先人を偲んだ。

 秋山博は1863年(文久3年)、現在の市内岡崎に生まれた。13歳の時に天然痘にかかり失明したが、すぐに鍼医になることを決意し、南金目村の鍼医に弟子入り。20歳で営業免許を取得すると、金目に鍼灸院を開いた。鍼灸院は高い技術と献身的な治療で「金目の鍼医さん」として名を馳せ、山梨、愛知からも患者が訪れたという。

 その後、盲人の自立と就業の道を探るために地元の民権家や医師らの援助を得て「中郡鍼学講習会」「中郡鍼灸按摩組合」を設立。1910年(明治43年)に金目観音堂の北側にあった旧キリスト協会堂を借りて県立平塚盲学校の前身となる「私立中郡盲人学校」を開校した。18年(大正7年)3月22日に54歳で逝去した。

 池田実行委員長は「今年で100回忌を迎えます。この機会に福祉に尽力した地元の人物に思いを馳せてみてほしい」と話していた。
 

平塚版のローカルニュース最新6

能登半島チャリティコン

能登半島チャリティコン

八幡山の洋館で3月3日

2月26日

湘南工芸展が作品募集

湘南工芸展が作品募集

3月8日(金)まで受付

2月24日

20回記念し発表会

ひらつかマジシャンズ

20回記念し発表会

2月23日

競輪場、アートで彩り

スタジオクーカ

競輪場、アートで彩り

施設利用者が壁画制作

2月22日

油彩画で光の反映を表現

油彩画で光の反映を表現

25日まで 元麻布ギャラリー

2月22日

成年後見学ぶ講座

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook