神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2018年3月15日 エリアトップへ

サッカー専用スタジアム 市長「応援していかなければ」 市議会で言及

社会

公開:2018年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

 湘南ベルマーレホームタウン内で議論されているサッカー専用スタジアムの建設について、落合克宏市長は5日の市議会定例会で「ベルマーレが作るということであれば、行政としても形として応援をしていかなければいけないのではないか」と見解を示した。数田俊樹市議(清風クラブ)の代表質問で答弁した。

 サッカー専用スタジアムを模索する議論は、湘南ベルマーレの立ち上げた第三者委員会で、ホームタウン内の財界人らで組織される「湘南スタジアム研究会」が主導で進めている。

 平塚市は、ベルマーレがホーム試合で使用している「ShonanBMWスタジアム平塚」について、客席の増設や照明のLED化など、Jリーグの施設基準にあわせて改修を重ねてきた経緯がある。既存の競技場を活用してもらうことでベルマーレを支援していくとの立場から、市はこれまで新スタジアムの議論に触れてこなかった。

 落合市長の答弁によれば、湘南ベルマーレの真壁潔会長から、2月22日に新スタジアムに関する協力の打診があったという。

 市長は「市としては、ベルマーレが主体となって平塚市にサッカー専用スタジアムを整備するということであれば、これまでのBMWスタジアムの活用だけにこだわるのではなく、議会をはじめ各方面と話をしながら今後、スタンスをまとめていきたい」と述べた。

 また「(新スタジアムが整備されるのであれば)今後、BMWスタジアムのJリーグ基準だけのために新たな投資は考えられない」とも語り、今後のベルマーレや同研究会の動きを見ながら支援の方向性を検討していく構えを示した。

 サッカー専用スタジアムの建設を巡っては、湘南スタジアム研究会が昨年12月、建設にふさわしいと考える候補地を市内外の5カ所に絞ったと報道され、ホームスタジアムが流出するのではないかと危惧する声が市内に広がった。また、平塚商工会議所が1月、新スタジアムに関する提言書を市内団体と協力して市に提出する意向を本紙に示すなど、市内での議論が活性化していた。

平塚版のローカルニュース最新6

団体参拝の参加者募る

川崎大師平塚講

団体参拝の参加者募る

10年ぶり本尊公開で

4月24日

ベルマーレにメッセージ寄贈

ラスカ平塚

ベルマーレにメッセージ寄贈

4月23日

ローズフェス開催中

花菜ガーデン

ローズフェス開催中

6月9日まで

4月22日

木造住宅 無料で耐震相談

木造住宅 無料で耐震相談

市役所で5月14日から

4月20日

柔道通じて国際交流

平塚柔道協会

柔道通じて国際交流

仏指導者ら30人招待

4月19日

全店で食支援活動

平塚信金

全店で食支援活動

149kg集めフードバンクへ

4月18日

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook