平塚版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

規格外エダマメ 団子に 市内和菓子店が開発

経済

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
「ずんだだんご」を持つ月本さん
「ずんだだんご」を持つ月本さん

 粒の大きさが不ぞろいなどの理由で市場に出回りにくい規格外の市内産エダマメを活用した「ずんだだんご」が人気を呼んでいる。

 エダマメの鮮やかな翡翠色を生かした団子は、通常の配分より少し塩味を足すことでしつこくない味を実現。粒の裏ごしを徹底し口あたりをまろやかに仕立てた。

 開発したのは「和菓子処光月堂」の店主、月本宗男さん(46)。「味は変わらないのに捨てるのはもったいない」と昨年、JA湘南を介して市内エダマメ生産者と取引を開始、週2kgを受け入れ生産している。発売直後から好調な売れ行きで多い日は100本以上を売り上げることもあるという。

 月本さんは、「今後も規格外の野菜を活用して、地産地消に貢献したい」と意気込んでいる。

 商品はエダマメの旬に合わせお盆頃まで生産、同店(岡崎4235/1本90円)か、あさつゆ広場(寺田縄424の1/1本100円)で販売している。問い合わせは、同店【電話】0463・58・5530へ。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook