平塚版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

障害支援へカード配布 平塚市「手助けして」

社会

カードに内容を記載して持ち歩いてもらう
カードに内容を記載して持ち歩いてもらう
 平塚市は、発達障害や知的障害者を支援する「サポートカード」を作成し、2月1日から配布を始める。本人の発達特性や配慮して欲しいことを記載し、周囲の理解やサポートを得やすくなるよう活用してもらう。

 カードには、「大きな音が苦手」といった自分の特性をはじめ「こんな時、こんなサポートがあると助かる」といった内容の記載欄を設けた。

 こども発達支援室を利用する保護者の声を参考に作成したという。養護学校では高等部になると、スクールバスではなく公共交通機関を利用するため、通学を不安視する声が多かった。

 発達障害は一見して分からず、市担当者は「カードを周囲に見せることで、市民の方に手助けをしていただきたい」としている。カードはこども家庭課と障がい福祉課の窓口で配布している。

平塚版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

『マッチ売りの少女』展

『マッチ売りの少女』展

升水図書館で講演会も開催

2月16日~2月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク