平塚版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

心解き放つクレヨン画 ギャラリークーカで個展

文化

 ハンディキャップのある人が得意なアート活動を仕事にするギャラリークーカ(明石町)で静岡県在住のアイコさん(51=写真)が個展「雨が降るから 虹がかかる」を3月22日(金)まで開催している。午前10時30分〜午後3時30分。会期中の平日と、16日(土)が営業日。

 アイコさんが絵を本格的に描き始めたのは1年ほど前。クレヨンを使い、色の混ざりを生かしながら、日常の中に溶け込む美しさを表現する。展示会では熱海や下田の風景画のほか、猫やパンダなどの動物、抽象画などが並んでいる。

 鬱病の症状でふさぎ込んでしまうこともあるというアイコさん。「鬱になると、うれしいことを感じる力が弱まってしまう。絵を描いて抜け出せることもある。平塚のことは知らないことばかり。クーカで創作しながら発見していきたいです」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本画の巨星と新星を堪能

日本画の巨星と新星を堪能

市美術館で荘司福・貴和子展

4月20日~6月9日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク