平塚版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

球界の「先駆者」いざ勝負 横浜DeNAベイスターズ 古村徹さん

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
平塚編集室を訪れ、今季への意気込みを語った(12月4日撮影)
平塚編集室を訪れ、今季への意気込みを語った(12月4日撮影)

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの投手で平塚市出身の古村徹さん(26)が先ごろ、本紙平塚編集室を訪れた。人生で初の手術を経験し一軍登板を果たせなかった昨季を振り返り、今季にかける決意を語った。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

 古村さんのプロ野球人生は波乱万丈だ。茅ヶ崎西浜高時代に140Km/hを投げていた左腕は、2011年のドラフト会議でDeNAから8位指名された。しかし、入団まもなく肩を故障、14年シーズン後に戦力外通告を受けた。その後、打撃投手としてチームに残るも、再挑戦を決意。独立リーグで150Km/hのストレートを手にして昨季、異例ともいえるDeNA復帰を果たした。

 「絶対に結果を残す」と意気込んだ昨春の一軍キャンプ。左肘に違和感を感じながらのブルペンでは監督やコーチを前に平静を装っていたが、3月下旬のマウンドでついに「すごい痛み」を感じた。そして5月、初めて左肘にメスを入れた。

 気持ちだけが先走り、何もできないまま終わってしまったシーズン。「再び戦力外通告か」。昨年10月20日、球団に呼ばれ5年前が頭をよぎった。「戦力外になってもあきらめず戦ってきた君はこれからの選手にとって先駆者だ。頑張ってほしい」―。背番号は変わらず「67」、契約更改の通達だった。奇しくもこの日は26回目の誕生日。「すごいバースデープレゼントをもらいました。感謝の一言でした」

 今は左肘も完治し、146Km/hまで速球が戻った。「去年は結果を出したい一心で冷静じゃなかった。シーズンまでにウエイト強化と心のコントロールを磨かないと」。結果を求めすぎず「あえて腹八分目で満足できる心のゆとり」を身に付けようとしている。

 座右の銘は「人間万事塞翁が馬」。人生何があるか分からない、幸せな時も、そうでない時もある…。「もうだめかという時が何度もありましたから。いい意味で開き直っていきます」。35歳まで現役、戦力外でなく自らで引退決断。そんな青写真を描いている。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook