平塚版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

火星大接近、平塚でも確認 次の観測は15年後

文化

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
撮影:藤井大地学芸員
撮影:藤井大地学芸員

 太陽系惑星の火星が約2年ぶりに地球に大接近している。平塚市博物館の藤井大地学芸員によると肉眼で確認でき、午後7時頃に東の空に、深夜は南の空に見えるという。藤井さんは「2年前の大接近に比べ今回は観測には好条件」と話す。

 薄い二酸化炭素で覆われ、岩石で出来ている火星。前回は表面で砂嵐が起こってしまい模様が見られなかったが、今回はまだ確認されていない。また、秋になると上空の高い位置にあるので見つけやすいとのことだ。

 大接近にあたっては7月にUAE・中国・アメリカがそれぞれ探査機を火星へ向け発射し、研究を行っているという。次回の大接近は15年後の2035年。

平塚版のローカルニュース最新6

11月3日から一部公開

11月3日から一部公開 文化

明治記念大磯邸園の庭園

10月22日号

「おばけカボチャだ」

「おばけカボチャだ」 文化

大船フラワーセンター

10月22日号

プラゴミを拾おう

プラゴミを拾おう 社会

相模川河口で24日

10月22日号

詐欺防止の動画を配信

神奈川県警×レジェンド松下さん

詐欺防止の動画を配信 社会

昨年の被害件数過去最多を受け

10月22日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月22日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

10月28日・11月11日 商工会議所内で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク