平塚版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

3回目の宇宙飛行を応援 野口さん胸に自作ワッペン 幸町・若野さん制作

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
ワッペンを手にする若野さん(上)と今回のデザイン(下)
ワッペンを手にする若野さん(上)と今回のデザイン(下)

 幸町で刺しゅう店「ソーイン・ジャック」を営む若野隆生さん(68)が、3回目の宇宙飛行に挑戦中の野口聡一さんに自作のワッペンを仲間と寄贈した。2人はボーイスカウトでつながる縁。9日に記者会見に臨んだ野口さんの胸には若野さんが制作した真新しいワッペンが着けられていた。

 日本ボーイスカウト神奈川連盟で西湘地区副協議会長を務める若野さん。野口さんは学生時代に茅ヶ崎第2団のボーイスカウトに所属しており、江南地区(当時)の活動で知り合った。

 その縁で若野さんは初飛行の2005年には茅ヶ崎の「えぼし岩」をデザインしたワッペンを制作して寄贈。2回目の宇宙船搭乗時にもワッペンを送っている。

 今回は野口さんの要望で搭乗する宇宙船の愛称「レジリエンス」の名を入れたデザインに。刺しゅう業40年以上の経験を活かし、目に見えない手作業の技術を注いだ。搭乗員4人分のワッペンをつくり10月下旬に米国に送ったという。

 若野さんは「野口君が記者会見で訓練服に着けてくれたのを見た。もしかしたら宇宙でも着けてくれるかもね」と誇らしげに語った。

ボーイスカウトの大会で野口さんと撮影(06年)=若野さん提供
ボーイスカウトの大会で野口さんと撮影(06年)=若野さん提供

平塚版のローカルニュース最新6

「生と死は人生のセット」

「生と死は人生のセット」 社会

がん闘病 鈴木さん終活語る

1月14日号

受賞句が決定

受賞句が決定 文化

七福神俳句コンテスト

1月14日号

修学旅行を中止

修学旅行を中止 教育

平塚市立の15中学校

1月14日号

除菌装置を寄贈

平塚南RC

除菌装置を寄贈 社会

市役所や駅前窓口に設置

1月14日号

福祉ボラ啓発講座

福祉ボラ啓発講座 社会

18日から受付開始

1月14日号

救急件数にコロナ影響か

平塚市消防

救急件数にコロナ影響か 社会

前年比約1割以上減も

1月14日号

YUKIフラメンコスタジオ

平塚駅徒歩5分レンタルスタジオ

https://www.yuki-flamenco.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク