平塚版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

市美術館30周年記念連載 歴史の証人【3】 美術館設立を望んだひらつか市展

文化

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
ひらつか市展委員会会長の加藤さん
ひらつか市展委員会会長の加藤さん

 設立30周年を迎えた平塚市美術館の歴史を、3回連載で振り返る。最終回はひらつか市展委員会第4代会長の加藤宏さん(72)に話を聞いた。

 ひらつか市展は、美術館設立運動が活発に起こるなかで開催された。戦後、平塚の芸術家らは「絵画・彫刻」「写真」「書道」「工芸」の4部門に分かれ、それぞれが展覧会を開催していた。他市で市主催の展覧会が開催されていたことから、4部門の代表者を中心に、合同の美術展開催を市に呼びかける。1955年、56年に平塚市教育委員会主催で展覧会が開催されたが、後に「平塚市文化祭」となり、当初の希望と異なった形での実施だった。「文化祭は日ごろの成果を発表する場で市展はコンクール形式で腕を競う場。同じ公募作品を扱う展示でも意味合いが違うんです」と加藤さんは話す。

 代表者たちは市民の力で市展を行おうと地元企業へ市展開催に向け、協賛のお願いにまわり、正真正銘の第一回市展が77年、平塚市後援で開かれた。平塚市美術館の実現を目標に結束し、部門ごとに梅屋、フクスケ画廊、市民センター又は商工会議所の3会場で実施。第5回展からは中央公民館で4部門の合同開催、平塚市美術館が設立された91年の第14回展から、特別展示室と市民アートギャラリーで開催された。「市民の作品が美術館の展示室全体を使って一堂に並んだことが感動的だった」

 来年で44回目を迎えるひらつか市展。「美術への関心の高まりが、美術館設立や市展開催に寄与した。当初平塚は抽象画の現代美術が多く、その難解さもあり馴染み難さがあったが、徐々に具象など多様なジャンルが現れ、市民にとって芸術が身近になっていったように思う」と加藤さんは振り返った。(了)

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

地域活動を後押し

平塚経済懇話会

地域活動を後押し 経済

まちづくり基金に寄付

5月12日号

沖から平塚を見てみよう

沖から平塚を見てみよう 文化

タマ三郎周遊船 参加募集

5月12日号

新入生へ記念講演

鶴嶺学園

新入生へ記念講演 教育

ゲストによるライブも

5月12日号

加藤登紀子さんコンサート

加藤登紀子さんコンサート 文化

5月22日 秦野市のホールで

5月12日号

街頭献血に協力

平塚遊技場組合

街頭献血に協力 社会

5月12日号

自分自身知る機会に

エールのバトン vol.2

自分自身知る機会に 経済

拡大研修委員会 岡 輝(あきら)さん

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook