神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2023年6月22日 エリアトップへ

ミニかざりに期待込め 山晃央園で作業が佳境

文化

公開:2023年6月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
作業も佳境を迎える
作業も佳境を迎える

 障害者福祉事業所山晃央園(夕陽ケ丘)では、設立当初の1991年から「ミニ七夕かざり」を制作し販売している。

 制作は40人の利用者全員が参加。飾りを付ける人、紐を切る人など、それぞれができることを担当している。ミニ七夕かざりは、1本の笹に3種類の飾りと短冊が取り付けられており、5パターンを制作。4月ごろから竹の準備を始め、6月までの3カ月間かけ、1000本の飾りを完成させる。同作業所の岩田美里所長は、「みなさん楽しく生き生きと作業している」と話す。

 今年は物価高騰のあおりを受け、販売価格値上げの危機に直面したという。それでも「多くの人に手に取ってほしい」との制作当初の思いから、飾りの種類を変更することで価格維持に成功した。

 同かざりは現在、平塚市役所1階のひらつか障がい者福祉ショップ「ありがとう」や、湘南スターモール商店街の「なべや」や「田中紙店」などで販売中のほか、まつり期間中、紅谷町まちかど広場などで販売する。1本1500円(税込)。

 岩田さんは「七夕のまち平塚を盛り上げられたら」と期待を込めた。

平塚版のローカルニュース最新6

福祉事業所、夏の即売会

福祉事業所、夏の即売会

好評のミニ七夕飾りも

6月14日

バレー県大会で準優勝

クラブレリーフ

バレー県大会で準優勝

市内在学の中学生が活躍

6月13日

実行委高齢化、開催困難に

河内川のあじさい祭り

実行委高齢化、開催困難に

5年連続で中止決定

6月13日

”青い宝石”見つけた

”青い宝石”見つけた

大原小児童が梅収穫

6月13日

暑さに負けず育って

暑さに負けず育って

平塚市内で田植えピーク

6月13日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook