神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

平塚工科野口さん 「溶接」で頂点目指す 関東甲信越大会に出場

教育

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
県予選で溶接した鉄板を持つ野口さん
県予選で溶接した鉄板を持つ野口さん

 川崎市で4月27日に開かれる高校生溶接コンクールの関東甲信越大会に、平塚工科高校機械系2年の野口竜聖さん(17・八重咲町)が県代表として出場する。野口さんは「予選で感じた課題を克服して、少しでも上を目指したい」と、火花散る舞台に向けて練習に余念がない。

 県内の工業高校から14人が出場した1月の県予選で準優勝を果たし、関東甲信越大会の出場権を得た。予選では、縦横15センチ、厚さ9ミリの2枚の鉄板を30分以内に溶接し、外観や強度などで技術を審査。野口さんはⅩ線による溶接内部の透過試験で高評価を得たものの、「他の人に比べると表面の仕上がりがいまいちだった。中身で勝てても外観で負けてしまった」と振り返る。

 4月の大会まで1カ月あまりとなり、野口さんは放課後に3時間ほど溶接の練習を積む。「まだまだ日によって出来栄えにばらつきがあるので、ミスなく(溶接の)幅を揃えられるようにしたい」と弱点の克服に取り組む。

顧問の教え胸に

 手先が器用だという両親を見て育ったこともあり、自身もものづくりなどの分野に興味を持ち同校に進学。溶接が専門分野の水野寧々教諭が顧問を務める機械部に入部し、溶接の腕を磨いてきた。

 水野教諭は「自分なりに探求心を持ち、人一倍練習を重ねて努力している」と話し、野口さんの成長を間近で見守ってきた。「関東甲信越で優勝して全国に進んでもらえたら」と愛弟子の活躍を願う。

 3年生が卒業すると、部長として部活をまとめ上げる役割も担う野口さん。溶接技術を高めるだけでなく、下級生を引っ張っていくリーダーシップも求められるが、「『一人じゃなくみんなで動くことの大切さを学んでほしい』という先生の言葉を胸に頑張りたい」と決意をにじませている。

6月28日・29日屋根展

茅ヶ崎市民文化会館(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1)で

http://www.naritaya.com/

MADOショップ平塚真土店

断熱窓リフォームに、今年も国から補助金あり!

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

「大きく育って」

新藤学園

「大きく育って」

年長児が田植え

6月25日

茶屋で平塚宿を再現

茶屋で平塚宿を再現

駅周辺将来構想に向け

6月24日

夏休みに遊んで学ぼう

夏休みに遊んで学ぼう

8月27日 こどもフェス

6月22日

平塚ウィンドが演奏会

平塚ウィンドが演奏会

 30日 ひらしんホールで

6月21日

七夕に男女の出会いを

七夕に男女の出会いを

7月7日に婚活イベント

6月20日

園児の声で七夕感じる

園児の声で七夕感じる

商店街で唄放送

6月20日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook