神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年5月29日 エリアトップへ

平塚市消防本部 マイナカード救急搬送の実証開始 専用端末で医療情報把握

社会

公開:2024年5月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
マイナンバーカードの情報が表示されたタブレットの情報を確認する救急隊
マイナンバーカードの情報が表示されたタブレットの情報を確認する救急隊

 救急隊が搬送先の医療機関を選定する際、健康保険証と一体化したマイナンバーカードから必要な情報を入手し、救急搬送の迅速化につなげるための実証事業が平塚市消防本部で5月23日から始まった。

 実証事業は全国3カ所の消防本部で先行実施され、今後は67消防本部に拡大。消防庁では、来年度中に全国の消防本部での導入を目指している。

 実証開始にあたり、平塚市消防本部では8台の救急車にマイナンバーカードから医療情報を読み取って表示するタブレット端末を導入した。端末に接続したカードリーダーに挿入すると、傷病者本人が利用している医療機関や服用中の薬、高血圧や高血糖といった健康面に関する情報などが表示される仕組みだ。

搬送先の選定迅速に

 救急現場では、救急隊が傷病者や家族から病歴や受診歴、使用中の薬などの情報を聞き取っているが、容体によっては会話が難しかったり薬の種類を覚えていなかったりして、正確な情報を把握することが難しいケースも多い。マイナンバーカードから医療情報を得ることで搬送先の選定が円滑に進められ、救急業務の迅速化につながることが期待されるという。

 同本部では、開始日の23日から24時間で救急出動した46件のうち、マイナンバーカードから情報を読み込めたケースは4件あった。約2カ月間の実証期間中に3千件ほどの搬送を見込んでおり、119番通報を受けた際にマイナンバーカードを手元に用意してもらうよう呼び掛ける。救急隊の到着時には、カード情報の利用について本人から同意を得るという。

 同本部によると、昨年1年間で1万7千件を超える救急出動があり、搬送人数も1万5950人に達した。消防救急課の瀧澤朗さんは「救急車の台数も限られる中、実証事業が救急業務の効率化につながれば」と期待を寄せ、「いざという時に備え、外出時にもマイナンバーカードを携行してもらいたい」と呼び掛けている。

 市内のマイナンバーカード交付枚数は3月31日時点で20万970枚、交付率は78・5%だった。健康保険証の紐づけをしている人の数は、全国の登録状況に当てはめると14万9200人(57・8%)ほどと推計される。

6月28日・29日屋根展

茅ヶ崎市民文化会館(茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1)で

http://www.naritaya.com/

MADOショップ平塚真土店

断熱窓リフォームに、今年も国から補助金あり!

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

夏休みに遊んで学ぼう

夏休みに遊んで学ぼう

8月27日 こどもフェス

6月22日

平塚ウィンドが演奏会

平塚ウィンドが演奏会

 30日 ひらしんホールで

6月21日

実り良し、城島の枝豆

実り良し、城島の枝豆

本格出荷へ目合わせ会

6月20日

七夕切手販売始まる

七夕切手販売始まる

落合市長へお披露目

6月20日

七夕に男女の出会いを

七夕に男女の出会いを

7月7日に婚活イベント

6月20日

園児の声で七夕感じる

園児の声で七夕感じる

商店街で唄放送

6月20日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook