大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年7月3日号 エリアトップへ

中井町ほかを区域とする神奈川県行政書士会小田原支部の新支部長に就任した 片岡勝(すぐる)さん 小田原市在住 61歳

掲載号:2015年7月3日号

  • LINE
  • hatena

悩み解決の水先案内人

 ○…取材中も頻繁にかかってくる相談の電話。支部が毎月主催する無料相談会の後はいつもだという。「皆が一生懸命、親切に応対してくれているからだと思います」と目を細める。行政書士への相談は時代によって変化している。近年は終活、相続、贈与、離婚などの相談が多い。県西は行政区も多く「地域ごとに要望も異なる」のも特徴だそうだ。要望に応えるため「まだまだ勉強。これで全て、ということはないですから」と自らに言い聞かせた。新入会員も多く、99人という大所帯の支部。今後は育成、研修、出張相談や他士業とのつながりも大切にしたいと意欲を見せる。

 ○…松田町の生まれ。10歳の時、酒匂に越してきた。「周りに何もなくて家の前に一つだけポツンと建っていた」のが後に母校となる西湘高校だった。大学生の時にアルバイトをしていたのが行政書士事務所。資格は「とっておこうかな」と軽い気持ちで取得した。「(合格率が違うので)今ならとてもじゃないけれど無理じゃないかな」。懐かしそうに微笑んだ。

 ○…銀行に就職。10年以上、回収などを行う管理部門を担当した。バブル崩壊で、企業の倒産にも数多く立ち会った。企業の実態を知るたびに「回収」だけでなく「再生」の重要性に思い至る。行政書士や弁護士との仕事が増える中、「自らも同じ立場で役に立ちたい」との気持ちが醸成されていく。資格は「埃をかぶっていた」がもちろん有効。一念発起、50歳で脱サラ・独立を決意、今に至る。

 ○…自ら「唯一の趣味」というのが古寺めぐり。「京都・奈良は行きつくした」というほど。ドライブや旅行を兼ね、最近は琵琶湖周辺を回っているという。建物や仏像、歴史、時代背景など事前に「予習」してから行くのだそうだ。「本やテレビで古寺が紹介されていると(行きたくて)イライラする」と笑う。支部長就任で、イライラする日が増えてしまうかもしれない。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

山口 政則さん

松田警察署長に就任した

山口 政則さん

松田町在住 58歳

5月7日号

寺本 幸司さん

『音楽プロデューサーとは何か』(毎日新聞出版)を上梓した

寺本 幸司さん

大磯町西小磯在住 82歳

4月30日号

森 禮子(あやこ)さん

大磯で日本画の個展を開く

森 禮子(あやこ)さん

大磯町西小磯在住 67歳

4月23日号

石川 秀隆さん

大磯の湘南ギャラリーえんで「老梅焼」の陶芸展を開く

石川 秀隆さん

山梨県道志村に工房 73歳

4月16日号

渋谷 武美さん

大磯町で彫刻の個展を開催している

渋谷 武美さん

小田原市在住 80歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter