大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年9月1日号
  • LINE
  • hatena

梅沢海岸の清掃活動「うみぴか」の発起人となった 田原 靖夫さん 大磯町在住 52歳

相棒の海に恩返し

 ○…「一人で旗を振って誰か関心を持つだろうか」。心配もあったが、二宮町の梅沢海岸で拾い集めたごみを分別していると、初老の男性が「ご苦労さまです」と声をかけてくれた。「天気も良く、温かい雰囲気になってこれならできる」と決めたのが半年前。同海岸でボランティアによる月1回の清掃をスタートさせた。賛同した友人のライターが活動を「うみぴか」と命名。8月最終日曜日の実施で5回目となり、地域住民や親子連れなどが参加した。

 ○…「サーファー院長」として海に親しみ、住まいと施術院を構える大磯町の北浜海岸を中心に海岸の美化運動に取り組んできた。きっかけは、ある年の台風。浜に流れ着いた大量のごみを処理しきれず、重機で掘った穴に埋められていく光景に心が痛んだ。サーフィン仲間や同級生らに呼びかけるとすぐに大勢の同志が集まり、「みんな同じ気持ちでいたのが嬉しかった」と振り返る。1998年から毎月第1日曜日を「大磯ビーチクリーン」の日と設けて活動を続ける。

 ○…二宮で青少年時代を過ごす。ジャングルジム代わりに消波ブロックで遊び、二宮中学の野球部では学校の下から大磯ロングビーチまでの海岸ランニングで汗を流した。中学2年の時に友人の兄の影響でサーフィンを始め、のめり込む。全日本選手権などに出場し、プロを目指してサーフィン修業にハワイへ渡った。しかし、腰を痛め、マッサージ師の道へ。地元で波に乗りながら、トレーナーとして大会出場選手のメンテナンスや後進の育成、地震被災地でのマッサージボランティアなどにも勤しむ。

 ○…ビーチクリーンで回収したごみの行方が気になり、家族とともに長野県の最終処分場まで見学に行ったことがある。「自分の目の前からごみが消えればいい訳ではない。良い環境や自然の中で人間もより良く生きられる」。186cmの長身に大きく熱いハートで海へ恩返しをする。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

阪上 正信さん

二宮町移住8年を記念して初の個展を開く

阪上 正信さん

4月19日号

川口 博幸さん

3月13日付で大磯警察署長に就いた

川口 博幸さん

4月12日号

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

ラディアンで水墨画教室の作品展を開く

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

4月5日号

多田 勝顕さん

第6回大磯町観光フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

多田 勝顕さん

3月29日号

末續(すえつぐ) 慎吾さん

北京五輪の400mリレー銀メダリストで、平塚に陸上教室「ERC」を設立した

末續(すえつぐ) 慎吾さん

3月22日号

佐野 清彦さん

大磯でハーモニカ講座の講師を務めた

佐野 清彦さん

3月15日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第20回「寺内正毅【3】」文・武井久江

    4月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク