大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

AI活用し遭難者捜索 二宮中生徒が体験授業

教育

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena
画像に対する自分たちの判断をタブレット端末に入力し、AIを学習させる生徒
画像に対する自分たちの判断をタブレット端末に入力し、AIを学習させる生徒

 山で遭難した人をドローンとAI(人工知能)を使って捜し出す先端技術の体験授業が、二宮中学校で2月26日に行われた。3年生116人が自分たちの知恵をAIに学習させたり、研究開発者から夢や可能性を切り拓いていくことの大切さなどを学んだりした。

 体験授業の題材となったのは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構=川崎市=と、民間企業のロックガレッジ=茨城県古河市=が開発した広域人命捜索システム。ドローンから送られる映像や位置情報をもとにAIが人影を発見して迅速な人命救助につなげる。捜索関係者は情報を共有し、捜索の状況をモニタリングすることもできる。

 生徒たちはドローンの飛行実演を見学し、操縦を体験。ロックガレッジの岩倉大輔社長(34)による講義で、AIに情報を注釈として付与する「アノテーション」を行うことでAIがより賢くなるという話などを聞いた。二宮町の吾妻山公園で消防訓練の際に空撮した映像を用いて、アノテーションを試した。遭難者と仮定した人や物体の画像を「明らかに人である」「人のように見える」「人のように見えない」「人ではない」の4通りで判断し、その回答をタブレット端末に入力。AIの画像解析と遭難者を検知する精度が改善した結果を確認した。

他人と違う能力伸ばす

 岩倉社長は自身の経歴や起業についても語った。千葉大学4年のときに「優秀な人が集まるところで自分も成長することができる」と、あえてハードな研究室へ入り、ドローンと出会った。「空から情報を得ることは世の中の役に立つ」。ドローン開発の会社を2018年に設立。楽天と協力して荷物の宅配ドローンの開発に取り組み、NECと空飛ぶ自動車を研究している。

 「高校の3年間で自分の能力を精一杯伸ばすことが重要なカギになる」「人と違うことを恐れないでチャレンジしてほしい」と生徒たちへメッセージを送った。

 授業を受けた3年生は「AIを身近に感じた」「技術が進化していることに興味を持った」などと感想を話した。

 体験授業は二宮西中学校でも25日にあった。町では、子どもたちが先端技術に触れながら将来の進路について考えるきっかけとなるよう、次世代に目を向けた教育に生かしていく考え。

生徒に語る岩倉社長
生徒に語る岩倉社長

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter