神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

大磯幼稚園 こども園移行 民営で決着 開園は26年4月

政治

公開:2024年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena

 大磯町は町立大磯幼稚園の認定こども園移行について、民営で整備を進める方針だと1月20日に実施した町民との意見交換会で報告した。担当の子育て支援課によると、早期開園のため事業者を決めるプロポーザルは改めて行わないとし、前町長時代の2022年に選定済みの事業者が運営を担う。25年着工、26年4月開園を予定。

 同幼稚園の認定こども園移行をめぐっては、前町長時代に既存の町立大磯幼稚園を民営化して保育園の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園へ移行する計画で、24年4月の開園を目指して運営事業者の選定や園舎の建て替えにむけた設計などを進めていた。

 しかし、22年11月の選挙で当選した池田東一郎町長が「多くの保護者から民営化に対する不安の声が出ている」と計画の見直しを表明。町立のこども園とし、建て替えではなく改修を目的とした設計委託費を補正予算案に盛り込むなど議会の承認を図ったが、急な方針転換に説明不足を感じた複数の議員が反発。町営に戻すことで生じる問題点などについて疑問を呈し、2度にわたって事実上否決されていた。

開園までの2年間預かり延長実施も

 当初の予定から2年遅れの開園となる見込み。子育て支援課によると、保護者からの保育ニーズがあることから、現在も大磯幼稚園で実施している預かり保育(午後2時〜5時)を4月から午後6時までに延長する予定のほか、希望者にはデリバリー給食も実施する見込み。

 同課担当者は「保護者のニーズに合わせてスピーディにやっていきたい。皆さんと一緒に良い園を作っていければ」と話す。0〜2歳の待機児童対策についても検討していくという。

 同事業に関わる補正予算案について、23年3月議会と同4月臨時会では可否同数となり議長採決となるなど、議会でも意見は二分した。

 「町立」での運営を推進していた大磯町議は、「名ばかりではない真の『公私連携』で運営が進められ、セーフティネットの部分を担保できるよう議会でも求めたい。町立園の良いところを残していくことを最大限進めていく」とコメント。

 「民営」を推進していた大磯町議は、「運営面も含めて22年の時点で民営の方針で議決し、事業者まで決まっていた。経費面を考えても、民営が良いと一貫して主張してきたので安堵した。開園が伸びたことは残念。粛々と進めてほしい」と話した。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

新型コロナ5週連続増

平塚保険福祉事務所管内

新型コロナ5週連続増

手洗い、マスクなど予防を

2月16日

3町からも被災地へ

能登半島地震職員派遣

3町からも被災地へ

避難所で仕分けなど従事

2月16日

「大磯小桜会」が発足

「大磯小桜会」が発足

苗木など配布し20年

2月9日

定置網漁船「いそかぜ」操業

大磯二宮漁協

定置網漁船「いそかぜ」操業

魚種の拡大などに期待

2月9日

こども園移行 民営で決着

大磯幼稚園

こども園移行 民営で決着

開園は26年4月

2月2日

手紙から覗く名士の横顔

徳富蘇峰記念館

手紙から覗く名士の横顔

特別展 3月31日まで

2月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook