秦野版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

vol.2 鵜の目鷹の目 秦野市元教育長東海大学講師 金子信夫

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

節分

 2月3日は節分、そして4日は立春。3月に卒業式を迎える仕事に携わってきた私には今でも最終楽章に入った気分になります。

 節分と言えば「豆まき」が定番ですが、子どもの頃は夕方になると近所の家から「鬼は外!福は内!」の声が聞こえ、私も負けずに声を出しながら豆をまいたことを思い出します。また、年の数だけ豆を食べると厄除けになると言われ、数粒を口の中でモグモグさせたものの美味しくもなく飲み込めなかった記憶があります。豆まきに使う豆(福豆)は炒った大豆であり、魔物の目を射る(炒る)ことから魔目とか魔滅に通じるとされているようです。

 私が秦野の教員になってから知ったことですが、秦野では豆まきの豆に特産である落花生を使うことがあり、殻がついているので拾って食べることもできるとのことで、なるほどと感心させられました。

 昔ながらの伝統や由来は大切にすべきだと思います。しかし、食べて美味しいこの秦野らしさを生かした方法は是非「秦野版豆まき」として伝承していってもらいたいです。百年も続ければ立派な伝統になります。

 ところで、ここ数年、気になっているのが「恵方巻き」です。太巻き寿司が好きな私ですが、節分にその年の方角を向いて黙って1本丸かじりするようにとか言われても戸惑います。調べてみると、某コンビニが関西の一部にあった「丸かぶり寿司」を食べる習慣に目をつけ、「恵方巻き」という商品名で全国展開したことがきっかけのようです。

 売り上げが急増したバレンタインデーのチョコレートに続く、柳の下のドジョウになれるのか見守りたいです。
 

秦野版のコラム最新6

第1回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第1回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

4月16日号

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

寄稿

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

郷土史家 小泉孝

1月22日号

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

寄稿

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

秦野歴史おこしの会理事長 小泉孝

10月23日号

世界を身近に感じて

寄稿

世界を身近に感じて

5月8日号

ここを先途と

アウトドアと地域振興

ここを先途と

文=山本 哲史

12月21日号

富士山といっしょ

連載を終えて思うこと

富士山といっしょ

輝く人生のために

8月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春のスペシャルオリエンテーリング

【Web限定記事】自然観察施設くずはの家

春のスペシャルオリエンテーリング

4月29日~4月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter