秦野版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

秦野曽屋高校 防犯ランニングで地域貢献 自治会らがビブスを寄贈

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
各部活に防犯ビブスが手渡された
各部活に防犯ビブスが手渡された

 神奈川県立秦野曽屋高校(関野浩子校長)の運動系クラブ7部に2月6日、地元自治会などから「防犯ビブス」21枚が贈られた。

 ビブスは、競技者が付けるゼッケン。部活動の体力づくりで行われているランニング時に「防犯ビブス」を着用することで、地域の防犯活動に役立ててもらおうというもの。秦野市議会議員の川口薫さんがこのアイデアを地元自治会に働きかけ、学校側も快諾した。

 防犯ギブスは蛍光色で、表・裏に大きく「防犯」の文字が入りその下に「秦野曽屋高校」がプリントされている。川口市議は「以前に大秦野高校の部活動生徒にも協力してもらったことがある。今回地域の方に話すと評価が高く、学校側にも快く協力してもらえることになった」と経緯を説明する。

 贈呈式では関野校長が「生徒が防犯ビブスを着て日ごろお世話になっている地域を走るたびに、安全安心面で心強く思ってもらえる。地域貢献の第一歩だ。部長から部長へとつなぎ各部の伝統にしていってほしい」と述べ、「自分たちを鍛えることが地域の人のためになる。活動のなかで成長していってほしい」と話した。本町地区自治会連合会の鈴木弘会長と川口市議から、それぞれの部活動の代表にビブスが手渡された。当日出席したのは女子バスケットボール部、男女バドミントン部、男女テニス部、卓球部、女子バレー部。

「体力向上と地域の安全を」

 女子テニス部の新垣結菜部長(2年)は「防犯ビブスを着て地域の安全を守ることができることを嬉しく思う。体力の向上とともに地域に少しでも役に立てるように励みたい」と意気込みを語った。

 高校生らは通常の部活練習の後に、ビブスを着て学校の周囲をランニングする予定。

ビブスを着用(前列)した部活生と学校関係者
ビブスを着用(前列)した部活生と学校関係者

秦野版のトップニュース最新6

3年ぶりステージ発表

学生団体E4

3年ぶりステージ発表 社会

高校文化部による「インハイ」

6月24日号

女性も働きやすい工場に

西山製作所

女性も働きやすい工場に 経済

地元事業者と新たな試み

6月24日号

殺処分ゼロも保護猫増加

動物愛護センター

殺処分ゼロも保護猫増加 社会

オンライン化等で譲渡促進

6月17日号

デジタル化へ前進

秦野市自治会

デジタル化へ前進 社会

「いちのいち」登録86カ所に

6月17日号

待機児童6年ぶりゼロに

市内保育所

待機児童6年ぶりゼロに 教育

保留児童は61人

6月10日号

新たな見どころ創造

弘法山公園

新たな見どころ創造 コミュニティ社会

ミツマタを40本植樹

6月10日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook