多摩版 掲載号:2016年7月7日号

せいせきみらいフェス

今年の目標は「300発」 社会

花火打ち上げ、出資募る

(上)現在協力を呼び掛ける名刺を配布している(右)名刺を手にする福井実行委員長
(上)現在協力を呼び掛ける名刺を配布している(右)名刺を手にする福井実行委員長
 東日本大震災の影響で中止となって以降、休止されていた「せいせき多摩川花火大会」。昨年、地元商店会、団体ら有志と多摩市で実行委員会を結成し、花火を取り入れた新たな地域活性化イベント「せいせきみらいフェスティバル」を開催。75発を打ち上げた。今年9月に第2回の開催を予定している同イベントでは打ち上げ数を300発に増やそうと、現在、クラウドファンディングを活用して資金集めを行っている。同実行委員会では「ぜひ皆さんに参加していただき花火の打ち上げを」と話している。

 かつて市内で最大規模のイベントとして長年開催されてきた「多摩川関戸橋花火大会」。2005年には地元商店会や自治会、各団体で実行委員会を結成し「せいせき多摩川花火大会」と名前を変え親しまれてきた。2011年に東日本大震災の影響で中止となり、今後の開催を検討していく中で、実行委員会の運営体制の維持や、協賛金、安全対策にかかる経費の確保が困難となったことから休止となっていた。

 そうした中、昨年、再び地元商店会や住民、団体を中心に、これまでのような花火を中心としたイベントではなく、花火をひとつのツールにした地域活性化イベントを企画しようと、実行委員会を結成。9月に「せいせきみらいフェスティバル」を開催した。地元商店の模擬店やステージショーなど子どもを中心としたイベントを実施し、打ち上げ時間約30秒、75発を打ち上げ、会場を盛り上げた。

 今年は、9月18日(日)に第2回の開催を予定しており、花火の打ち上げ数を300発に増やそうと計画(子ども向けワークショップイベント「KAOFES」と共催)。一方で、予算面が課題であることから、協賛金だけでなく、より多くの市民や、他地域の人にも参画してもらおうと、インターネットで不特定多数の人から賛同者や資金提供を募るクラウドファンディングを活用して、打ち上げ資金を捻出することとなった。

「ゆくゆくは単独で」

 目標金額は80万円で、期限は8月20日(土)まで。出資者には返礼品が用意されており、オリジナル缶バッジや、お菓子詰め合わせ、オリジナル花火のレプリカなど、出資金額によって異なる。

 福井宏昌実行委員長は「花火大会の復活を望まれている方は多い。ただ以前のような規模は人的にも、予算的にも厳しい。昨年、少ないながらも花火を打ち上げることができ、子どもたちが喜んでくれた。子どもたちに間近で打ち上げる所をみせてあげたい」と思いを語る。重ねて「皆さんに参加してもらって、一緒につくりあげるイベントにしたい。ゆくゆくは別々に開催できるようになっていけば。ぜひご協力をお願いします」と呼びかけている。

 なお、同イベントへの出資は「FAAVOせいせきみらい」で検索を。

関連記事powered by weblio


多摩版のトップニュース最新6件

産学官で「健幸(けんこう)」を応援

要支援者向け協議会設立

住まいの確保

要支援者向け協議会設立

8月3日号

高齢者支援の体制整備を

生活支援コーディネーター

高齢者支援の体制整備を

7月20日号

ブラジル国木を植樹

多摩一小

ブラジル国木を植樹

7月20日号

地域で買い物支援

連光寺・聖ヶ丘地区

地域で買い物支援

7月6日号

南多摩にも「都民ファ」旋風

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/