三浦版 掲載号:2017年4月21日号

三浦の散歩道 〈第129回〉

みうら観光ボランティアガイド協会

水源地内にある記念碑
水源地内にある記念碑

 前の号で、高円坊地区は「湧水」の豊富な処で、市の水源地にもなっている旨書きましたが、地区の字(あざ)、「渡戸」の谷戸の東側に「高円坊水源地」があります。「三浦市水道発祥の地」と書かれた大きな石碑が建っています。碑の裏面に次のように記されています。

 「三浦市水道の発祥は昭和九年、三崎町営水道この地に水源を求め、給水人口八千人、総事業費十八万九千円を投じ起工、この第一号深明井戸源をなす。口径四七米、三百とん 湧水量一日千立方米。茲(ここ)に仕様を碑文とす。 撰又書 川名洋 昭和五二年十一月一日 三浦市」と記されています。刻字の読みとりが不足しているかもしれませんが…。

 この碑は「水道発祥」から、かなり経てからの建立ですね。もう一つ、平成11年度に出された「初声ガイド入門講座『ふるさと初声を知る』その3高円坊地区」(記録編集 初声ガイド資料編集委員会)のなかに、「高円坊水源と三崎水道 他」(講師 高梨勝)という文中に、「三崎町営水道布設計画」の表題があり、そのうち「計画概要」の見出しの一文があります。その部分を引用させて頂くと、次のようにあります。

 「三崎町水道水源地ハ敷地ヲ三浦郡初声村大字高円坊民有地ニ選定シ敷地内ニ二ヶ所鑿井(さくせい)(註、井戸を掘る)ヲナシ集水井ノ装置ヲ施シ地下湧水ヲ集水引用シ之レヨリ高揚喞(そく)筒(とう)(註、ポンプ)ニ依リ三崎町大字(あざ)小網代浄水場構内ノ接合井ニ揚水シ自然流下ニ依リ仝((同))所(しょ)ヨリ配水池ニ導水シ是レヨリ県道ヲ経テ三崎町ニ達セシメ町内ニ配水スルモノトス」とあります。また、「施設箇所の地形及び地質」の項では次のように述べています。

 「水源ハ鑿井(さくせい)トシ初声村大字高円坊地内ヲ選定セリ高円坊ハ初声村ノ平野ニシテ土地ニ起伏ナク、二子(ふたご)・大楠・武山ヲ貫ク山脈ノ稜線ト更ニ南進シ上宮田・下宮田トノ中間ニ是リテ引橋ニ及ブモノニシテ是等山脈ノ高台ニ降下シタル雨水ハ漸次地下ニ浸透シ標高低キ秋谷・林・下宮田等ノ低地地下ニ流レ来リ地下ノ砂礫層内ニ滞水シ一部ハ徐々海中ニ浸出スベキモ大部ハ地下水トシテ是等部落ノ耕地ニ沈滞シアルモノト思考セラル故ニ此地域内適当ノ場所ニ鑿井セルモノナリ。尚之レヲ確認スル為メ先ツ若宮神社裏ノ小学校井戸ヲ験シタルニ掘井戸ノ深サ地上ヨリ十四尺(約4・2m)水深八尺(約2・4m)アリ極メテ浅キ井戸ニシテ附近表面ニアル水ノ浸透スルモノト認メタリ。(後略)

 以上、引用の文は昭和九年に記されたものですから、文字も現在形になおして記しています。

 以上のように昭和の初めに大きな事業を行っていたとは驚きです。引用文ばかりで恐縮ですが、日々の飲用水は大事にしたいと思います。(つづく)
 

三浦版のコラム最新6件

関連記事(ベータ版)

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/