神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2022年3月17日 エリアトップへ

「閉じこもり」どうすれば コロナ禍 高齢者問題

社会

公開:2022年3月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
高齢者が社会に触れる場としてクリニックを「開放したい」とも話す福島院長(右)と佐藤さん
高齢者が社会に触れる場としてクリニックを「開放したい」とも話す福島院長(右)と佐藤さん

 新型コロナの感染拡大が2年を超えるなか、閉じこもることで筋力が低下してしまい、歩くのも困難になってしまう高齢者が増えているという。身体の慢性的な痛みの改善に取り組む「多摩センター痛みのクリニック」の院長、福島悠基さんと理学療法士の佐藤雅文さんに聞いた。

 ――心身の機能が低下してしまう「フレイル」状態の高齢者が増えている

 (福島)「間違いなく増えている。感染が広がる前は力強くウォーキングしていた方が閉じこもり、筋力が低下し歩けなくなってしまう。なかには、そのうえで転倒して寝たきりになってしまった方もいる」

 ――そんな高齢者の「心」にも目を向けるべきと

 (福島)「閉じこもり、社会とのつながりが遮断され、鬱になってしまうケースが少なくないためだ。不安な気持ちでいると身体の調子が良くなったとしても腰痛など、身体の痛みをより強く感じやすくなってしまう。高齢者を見守る行政などには身体のことだけでなく、心を回復させることにも目を向けてもらいたいと思う」

 ――改善策は

 (佐藤)「しっかり食事をとって身体を動かすことが大切。まずは外に出て友だちとカフェでおしゃべりを楽しむことから始めても良い。社会に触れることが重要。その後は専門家に相談しながら調子を取り戻していってもらいたい」

多摩版のローカルニュース最新6

「彼女が好きなものは」

上映会

「彼女が好きなものは」

6月30日、ベルブホール

5月25日

相続・終活セミナー

相続・終活セミナー

唐木田駅前郵便局で

5月24日

地震被災地に寄付

桜ヶ丘商店会連合会

地震被災地に寄付

桜まつりで募金

5月23日

聖蹟でウォーク&ラン

聖蹟でウォーク&ラン

スポーツ店スタッフが企画

5月23日

見守り活動で連携

多摩市

見守り活動で連携

市内遺品整理事業者と

5月23日

「町田に元気、与えたい」

「町田に元気、与えたい」

「エッグ&プリン」 インタビュー

5月23日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook