伊勢原版 掲載号:2014年5月9日号 エリアトップへ

4月1日付で産業能率大学の第7代学長に着任した 宮内 ミナミさん 工学博士 56歳

掲載号:2014年5月9日号

  • LINE
  • hatena

「人財」育成の舵取り役

 ○…1979年の開学以来、産業能率大学で初となる女性学長が誕生した。「学部長のころから学内全体を見るように心がけてきました。学長になってもその姿勢は変わりません」と冷静な口調。新たな立場で見据えるのは社会で通用する人材の育成だ。「学生たちを社会で役立つ強い”人財”として送り出せるよう、カリキュラムのさらなる充実、教員の人事考課も含めた取り組みを進めたい」と意気込んでいる。

 ○…愛知県に生まれた。小さいころは毎日外で遊ぶ運動が得意な女の子だった。一方、勉強も好きで、高校生の時には「将来、学問の道に進もう」と決意。卒業後は上京し、慶應義塾大学工学部電気工学科に学んだ。授業、実験、レポートの日々は大変だったが運動好きは変わらず、体育会のテニス部にも所属。しかし「入ってみたら女子部員は私一人。さすがに辞めようと思いました」。それでも「一度決めたらやり切る」性分から、厳しい練習にも耐え、文武両道の4年間を過ごした。

 ○…大学院を経て、28歳の時、産業能率大学経営情報学部の専任講師に。99年に教授、03年に学部長、12年には副学長となり、現在に至る。今も教壇に立ち、学生との対話を欠かさない。都内と伊勢原を行き来する毎日の中には癒しもあるそう。「伊勢原のキャンパスからは江の島や、湘南ベルマーレ10市町村のホームタウンが見渡せます。これは圧巻」とにっこり。

 ○…夫、子どもと町田市に暮らしている。家族で行くサッカー観戦や舞台鑑賞が貴重なリフレッシュの時間。しかし、今はそんな余裕はない様子だ。「伊勢原の学生たちは真面目ですし、きっかけ一つで大きく伸びる。学外とも関わりを持ち、苦労しながら成長してほしい。学生時代は何度だって試行錯誤が許されるから」―。学長の任期は2年。穏やかな言葉と表情の裏には、強い使命感と学生たちへの愛情があった。
 

伊勢原版の人物風土記最新6

高橋 優花さん

東京五輪の聖火リレー代替イベントでトーチキスを行った

高橋 優花さん

高森在住 41歳

7月23日号

久保 大翔(ひろと)さん

桜台の「風海」でアニメーション作品展を開催している

久保 大翔(ひろと)さん

笠窪在住 21歳

7月16日号

鈴木 教之さん

自身の水彩画作品展をアゼリアで開催している

鈴木 教之さん

下糟屋在住 69歳

6月25日号

齊藤 靖男さん

伊勢原手作り甲冑隊の第4代隊長に就任した

齊藤 靖男さん

 77歳

6月18日号

瀬尾 茂さん

伊勢原市商店会連合会の会長に就任した

瀬尾 茂さん

桜台在住 58歳

6月11日号

八島 満雄さん

第27代伊勢原市議会議長に就任した

八島 満雄さん

石田在住 78歳

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter