神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

伊勢原市消防団の消防団長に4月1日付で就任した 増田 文彦さん 日向在住 58歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

やらないよりやってみる

 ○…自営業や会社員など地元住民で組織され、火災や災害時に現場へ駆けつけて、消火・救助活動を行う消防団。市内に6分団、その下に27部あり、そのまとめ役に就任した。「最近大きな地震が頻発している。一人ひとりが災害への備えの意識を高めてほしい。コロナ禍で訓練もままならなかったので、技術・知識を元のレベルに戻したい。訓練を重視し、分からない、知らないをなくしていければ」と話す。

 ○…大田出身。20歳でとび職に就き、29歳で結婚。妻の実家で、昭和初期から続く石材店を手伝うことに。モノづくりが好きでとび職に就いていたこともあり、迷いはなかった。同じ市内とはいえ、知らない人ばかり。顔を覚えてもらうため地域の活動をなんでもやる覚悟で、商工会青年部などにも籍を置いた。

 ○…消防団への参加もその一つで隣人から誘われて入団。以来23年、部長、分団長、副団長を経て団長に就任した。「消防団に入っていなかったら知り合えない仲間がたくさんできた。何でも首を突っ込むタイプで、やらないよりやってみようというスタンスで生きてきた」と笑う。当初は地元の役に立てばと必死だったが、キャリアを重ね、団での立場が変わるにつれ、災害が起きた土地の被災者の苦労はもちろん、被災地の消防団の活動内容や、どのように団員の安全を確保しながら活動したのかなどが気になるようになった。

 ○…地元の同業者仲間に誘われて始めた、日向薬師神木のぼり保存会の活動も15年になる。凝り性で、一度始めると突き詰めたくなる。老後の趣味と思っていた釣りも、始めてみると奥深さに魅了され、週3、4日伊豆に通うこともあったほど。「今はゴルフ、飛距離が落ちたらまた釣りを始める」と笑顔で話す。

廃食油をリサイクルしバイオディーゼル燃料を製造

㈱鈴木油脂は県内唯一の動物性食用油脂製造工場・食用廃油のリサイクル工場です

http://suzuki-oil.co.jp

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

井上 貞夫さん

いせはら市展の絵画・版画・彫刻部門で2年連続市長賞を受賞した

井上 貞夫さん

下落合在住 80歳

6月21日

本間 浩久さん

伊勢原吹奏楽フェスティバルに出演する伊勢原市民吹奏楽団の代表を務める

本間 浩久さん

伊勢原在住 62歳

6月14日

栗田 由美子さん

保健師として第59回神奈川県看護賞を受賞した

栗田 由美子さん

介護高齢課 59歳

6月7日

井口 穐夫さん

伊勢原南公民館の「はじめての菊づくり講座」で講師を務める

井口 穐夫さん

板戸在住 76歳

5月31日

田渕 勝彦さん

比々多神社雅楽会の代表を務める

田渕 勝彦さん

桜台在住 66歳

5月24日

西野 節(みさお)さん

聖峰(ひじりみね)世話人会の会長を務める

西野 節(みさお)さん

三ノ宮在住 68歳

5月17日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook