伊勢原版 掲載号:2015年7月31日号 エリアトップへ

8月8日・9日に伊勢原大神宮で開かれる「大納涼まつり」の実行委員長を務める 兼岡 宏文さん 伊勢原大神宮 権禰宜 33歳

掲載号:2015年7月31日号

  • LINE
  • hatena

モットーは”報恩感謝”

 ○…伊勢原市商工会青年部の代名詞の一つと言われる「大納涼まつり」。40回目となる今年も、会場の伊勢原大神宮では歌やダンス、ゲームコーナーなど、さまざまな企画が来場者を出迎える。過去2年間、まつりの副実行委員長を務め、今年満を持して実行委員長に選ばれた。「地域のすべての皆様、とくに子どもさんたちにとって楽しい夏の1ページになってもらえれば」と意気込む。

 〇…静岡県袋井市に生まれた。幼いころから地域の夏祭りや芋煮会、初詣に行くのが大好きだった。高校に進学し将来を考えた時、「生まれ育った日本が好きだから、神職の道に進もう」と決意。國學院大学の神道学科に学び神職の資格を取得した。卒業後、伊勢原大神宮に入り、現在は権禰宜として神社の管理や参拝者の対応、祈とうなどを行っている。当初は静岡から通っていた時期もあったが、現在は平塚市内で妻と2人の子どもと暮らしている。 〇…知人の紹介で青年部に入会したのは23歳の時、「ちょうど納涼まつりの準備で忙しい時期でした」と振り返る。丁々発止を繰り返しながら一つになるメンバーの姿を間近に見て「自分もこの輪の中に」と思った。これまで広報委員長をはじめ、納涼まつりの実行委員会に置かれる4委員会すべてに席を置き、汗を流してきた。「青年部で多くのことを学びました。先輩やメンバーには”ありがとうございます”の一言です」。まつりのテーマを「報恩感謝」に決めたのもこうした思いから。

 〇…家に戻れば穏やかな神職から一家の主に戻る。子どもと疲れるまで遊んだ後、妻が作ったカレーライスでお腹を満たす。「これが至福の瞬間なんですよ」とにっこり。今、忙しくも充実した毎日を過ごせているのは「妻の理解と協力あってこそ」と頭をさげる。まつりまであと9日。「歴代の祭りに負けないよう、部員一丸でやり切ります」と気合十分に宣言した。

伊勢原版の人物風土記最新6

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

大山で登山初心者への声掛けや清掃活動をする

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

沼目在住 39歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook