伊勢原版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

12月19日に比々多公民館で行われる「お飾り講習会」の講師を務める 廣田 文一さん 三ノ宮在住 76歳

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

健康に実直に生きる

 ○…教室で参加者に配るのは、自宅の田んぼで育てて収穫した古代米のわら。「通常よりも長さがあり、晩生のためまだ青さが残る」とその特徴を説明する。わらの背丈は正月飾りの重厚感に関わり、ほのかに潤いを残した若々しい色味は新年にふさわしい。比々多公民館の依頼で正月飾り作りの講師を務め今年で23年。「誰でも新年はすがすがしく迎えたいでしょう」と、準備万端で当日に臨む。

 ○…三ノ宮の農家に7人姉弟の長男として生まれ、比々多中を卒業後、家業へ。およそ8反の田畑では季節の野菜を育て、農閑期には土建業や板金工にも従事。硬くて大きな手はそんな働き者の証だ。結婚は30歳を前にしたころ。一男一女に恵まれ、現在は妻、長男家族と暮らす。「しゃべるのは得意じゃなくてね」。年齢や体調を言い訳にはせず、70歳を過ぎても実直に仕事と向き合った。「ふるさとが好きだから」と地元消防団や自治会など地域活動にも進んで参加した。

 ○…しかし、2011年3月に脳こうそくで倒れた。「まさか」のショックは大きかったが「悲しみや不安は自分だけではない。もっとつらい人がいる」。病床で再起を誓い、懸命にリハビリに取り組んだ。今も多少のまひは残るものの「時間をかければ元気に何でもできる。支えてくれた皆様のおかげ」と感謝を口にする。農作業に関わる時間は減ったが、正月飾り作り教室をやめるつもりはない。「毎年30人を超す人が来てくれる。常連さんだっている。必要とされる限り行動で応えたい」

 ○…毎年1月9日には、地元の仲間と成田山を参詣に訪れる。これは50年続く恒例行事といい「脳こうそくで倒れた翌年も休まなかったよ」と振り返る。今年ももちろん行くつもりだ。「だって行かないと皆から怒られちゃうからね」。2016年の目標は「一日一日を健康に過ごすこと」。周囲を大切にし、周囲に愛され、今日も実直に生きる。

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook