伊勢原版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

11月14・15日に行われる「第6回伊勢原ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長 針替(はりがえ) 志暢(しよう)さん 産業能率大学3年 20歳

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

地域に賑わいを

 ○…「身近に美味しくてステキなお店がある。ぜひみんなに知ってほしい」。県内各地で開催され、認知度も上がってきた「ちょい呑みフェスティバル」。伊勢原では産業能率大学の学生有志が実行委員会を組織し、地元商店と協力しながらイベントを企画する。6回目を迎えた今年の学生有志は3年生5人。約25店舗が参加するチケットの前売りも始まり、準備も佳境を迎えている。「地域の活性化にも繋がるイベント。『楽しみ』と言ってくれる声に応えたい」と笑顔で話した。

 ○…生まれも育ちも東京都の立川。中学では剣道部に所属し、進学した都立の総合高校ではダブルダッチをするなど、活発な印象を受けるも「運動は好きです。でも身体が追い付かない」と苦笑い。また高校ではイベント運営などに関する特別授業も選択。さらにその分野を学びたいという気持ちから、産業能率大学の情報マネジメント学部への進学を決めた。

 ○…大学のゼミ活動の一環でもある「ちょい呑み」。前回は設営の手伝いなどに参加した。次は「ちょい呑み」を自身でもやりたいという思いから、このゼミを選んだという。今年の企画・運営は初心に戻り、有志で手伝ってくれる地元商店からの支援も最小限。より学生色の強いイベントを目指した。活動を通じて市内を歩き、他地区のイベントにも参加。「活動を通じて多くの人と知り合い、たくさんの学びを得ることが出来ました」と振り返る。

 ○…三姉妹の末っ子。地元で働く姉とは年齢も近く、よく一緒に出掛ける仲良し。休日は映画やアート展に行くなど、ゆっくりと過ごすことが多いという。就職活動もすぐそこ。これまでの経験から「地域に関わる仕事がしたい」という。また周りの学生には、授業が終わったら「地元に帰る」や「都心へ行く」という学生も多い。「学生にも『ちょい呑み』が、身近にある伊勢原の情報発信になれば」と微笑んだ。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

高橋 優花さん

東京五輪の聖火リレー代替イベントでトーチキスを行った

高橋 優花さん

高森在住 41歳

7月23日号

久保 大翔(ひろと)さん

桜台の「風海」でアニメーション作品展を開催している

久保 大翔(ひろと)さん

笠窪在住 21歳

7月16日号

鈴木 教之さん

自身の水彩画作品展をアゼリアで開催している

鈴木 教之さん

下糟屋在住 69歳

6月25日号

齊藤 靖男さん

伊勢原手作り甲冑隊の第4代隊長に就任した

齊藤 靖男さん

 77歳

6月18日号

瀬尾 茂さん

伊勢原市商店会連合会の会長に就任した

瀬尾 茂さん

桜台在住 58歳

6月11日号

八島 満雄さん

第27代伊勢原市議会議長に就任した

八島 満雄さん

石田在住 78歳

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter