伊勢原版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

伊勢原女声合唱団の代表を務める 石川 和代さん 小稲葉在住 72歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

これからも歌とともに

 ○…「きよしこの夜など皆さんが知っている曲を一緒に歌いましょう。忙しい中のホッとできる時間になればうれしいです」。12月5日(水)、12日(水)、19日(水)にクリスマスソングを歌う体験会を中央公民館で開催する伊勢原女声合唱団。現在13人で活動する同団は、創立42年の歴史ある合唱団だ。

 ○…松田町出身。小さな頃から歌や音楽が好きで小学校低学年にはピアノを習い始めた。子ども好きで短大卒業後は幼稚園教諭に。結婚を機に退職し、在籍していた合唱団もしばし休憩。子育てに奮闘する毎日の中でも歌に対する気持ちは忘れなかった。その後伊勢原に移り住み、子育てが少し落ち着いた33歳の頃に伊勢原女声合唱団に入団した。それから約40年、周りの勧めもあり代表を25年にわたり務めている。曲の選定も代表の大事な仕事の一つ。特に詩にはこだわり、心に響くかどうかを大切にしている。「皆が支えてくれたおかげ。歌が好きだから続けてこられた。世話焼きなのかも」と照れ笑い。

  ○…活動は週1回、講師の指導のもと1曲1曲を大切に歌う。「合唱の魅力はみんなの声が一つにまとまった時。それが醍醐味」と楽しそうに話す。今は年に1度、市内の合唱団が集まって開催する市民合唱祭が練習の成果を発表する場に。「歌好きな人ばかりが集まり楽しく和やかに歌っています」と目を細める。

 ○…歌うことと同じくらい音楽を聴くのも大好き。台所に立つ時もCDで曲を流し歌いながら家事をする。ガーデニングやウォーキングもするが、音楽会に出かけるのが一番の楽しみ。「歌うことは脳の活性化に役立つらしいし、腹式呼吸は健康にも役立っている。団員には84歳で元気に歌っている方もいる。私も一生歌っていたいですね」と笑顔で話す。

伊勢原版の人物風土記最新6

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

東海大学を市民に開放

東海大学を市民に開放

あす19日 グローカルフェスタ

10月19日~10月19日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク