伊勢原版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

作詞家として朗読劇『太田道灌 勇哀ものがたり』を制作した 青柳 光男さん 高森在住 77歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

作詞で育む郷土愛

 ○…伊勢原の歴史と、太田道灌の生涯をまとめた朗読劇、『太田道灌 勇哀ものがたり』をこのほど制作した。作詞家であり、音楽事務所「AM企画」の代表。朗読劇内でも歌われる『道灌節』は、全国発売され、カラオケDAMにも入っている。「非業の最期を遂げた道灌のことを、もっと多くの人に知ってもらいたいと思い朗読劇にしました。劇を通して、道灌の歴史を広めて、郷土愛を感じてもらえたら」と話す。

 ○…1942年、伊勢原生まれ。高校を卒業後、警視庁に奉職。本部勤務が長く、機動捜査隊や刑事部などでは、凶悪事件の捜査にあたっていた。定年退職後は、防御中心の護身術、古武道を考案。その普及活動の一環で音頭をつくるため、はじめて作詞に挑戦した。その後は、縁あって作曲家・大島四郎氏が主宰する歌作りの会に入会。約10年間にわたり、作詞の勉強をしてきた。

 ○…「愛の伊勢原にすがりたくて、郷愁を感じて」、東京から伊勢原に戻って来たのは昨年9月。作詞で心がけているのは「人間愛」。歴史に忠実に、最期を大事にする日本の文化だという。もう一つ大切にしている活動は、命の大切さを伝え、いじめを撲滅すること。2015年に川崎市の多摩川河川敷で起きた、中1男子生徒殺害事件を想い作詞した『川は泣いています』はCD化され、「さまざまな人に歌ってほしい」と話す。

 ○…好きな言葉は、警視庁勤務時代に会得した「捨てる神あれば拾う神あり」。「どんなマイナスでもプラスにしようと、前向きにやってきました」。近所の飲食店「キャット」での昼カラオケが日課。自身が作詞した曲を歌うのが楽しみだ。「これからも郷土愛を育む活動を、作詞を通して続けていきたい」

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook