伊勢原版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

市立図書館ミニギャラリーで作品展を開催する ミエリョウジさん(本名:齊藤良治) 厚木市在住 40歳

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

絵を人々の日常にしたい

 ○...市立図書館で6月19日(日)から、肥後熊本・水俣の風景を中心に、好きな鉄道作品など20点ほどを展示する。祖父母が住む熊本に幼い頃から帰省していたことから、思いも一塩。「本や活字と同じように、多くの人に絵に興味をもってもらい、絵を身近に感じてもらえるきっかけになればうれしい」と話す。

 ○...市内高森出身。芸能の仕事に就きたいという思いから、成瀬中学校在学中から芸能事務所に所属。伊志田高校卒業後、事務所の養成所で出会った仲間とコンビを組み、お笑い芸人として活動していた。25歳の時に恩師が他界し、芸能活動への意欲が落ちていた時、絵を描こうと思い立った。「自分を表現したいと芸能の道に進んだが、それが絵に変わった。やるからには絵一本で、本気で取り組みたいと思った」。現在はアルバイトをしながら創作活動に励む。

 ○...雅号のミエは祖母の名前からとった。「とにかく優しくて、おばあちゃん子だった」という。幼い頃から絵を描くのが好きだったが絵は全くの独学で、高校の時に選択授業で美術を学んだ程度。下書きをせず、感じたものをキャンバスに落とし込む技法が持ち味。「見た方がその場所に居たように感じられる風景や街並みを描いている。そこから何かを感じてもらえたら」と微笑む。

 ○...自身を「マイペースな性格」と分析するが、市内外の飲食店や美容室に自身で売り込み、作品を常設してもらうなど、絵に対する姿勢は真剣そのもの。作品が完成した時が一番やりがいを実感できる。現在は伊勢原大神宮を題材にした作品を創作中。「生まれ育った伊勢原をこれから描いていく。まずは七五三の思い出が深い大神宮から」と笑顔で語る。

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

梅下 智弘さん

日本メダカ協会県央支部の支部長を務める

梅下 智弘さん

50歳

8月12日号

芳賀 武さん

市内最大級の親睦団体「楽天会」の第7第会長に就任した

芳賀 武さん

東富岡在住 75歳

8月5日号

富岡 明奈さん

「はじめての大人バレエ講座」で講師を務める

富岡 明奈さん

23歳

7月29日号

水島 圭一さん

伊勢原市PTA連絡協議会の会長に就いた

水島 圭一さん

上粕屋在住 45歳

7月22日号

柳内 春さん

第46回大納涼まつりの実行委員長を務める

柳内 春さん

日向在住 36歳

7月15日号

萩原 鉄也さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長にこのほど就任した

萩原 鉄也さん

小稲葉在住 55歳

6月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook