神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2017年1月1日 エリアトップへ

秋山翔吾選手 講演会 厳格な父に鍛えられて 「本塁打でもダメ出し受けた」

スポーツ

公開:2017年1月1日

  • LINE
  • hatena
父の勧めで素早い動きが身に付くソフトボールから始めた
父の勧めで素早い動きが身に付くソフトボールから始めた

 プロ野球「埼玉西武ライオンズ」で活躍している秋山翔吾選手(大津町出身)が先月18日、プロまでの軌跡などを話す講演会を市内で行った。横須賀市倫理法人会の主催で会場には野球少年やその指導者ら約200人が集まり、地元の”スター”の話に耳を傾けた。

 幼少期を語った1部では、一番の思い出に練習をサボって遊んでいると鞄を投げつけられたことを挙げるなど、父とのエピソードを中心に披露。ホームランでも打球が良くなければ叱られ、パワーをつけるために小学生の頃から中学生が使用する思いバットで試合に出場するように命じられていたという。父が病死した小学6年生頃から「プロ野球選手」が「夢」から「目標」になり、一層練習に励んでいったと語った。

 プロ野球選手を夢見るすかっ子たちには「多くの練習量をこなすための『走る』が大事。自分は小学3年生から自転車を取り上げられ、とにかく走ったので」とアドバイスした。

 第2部では元プロ野球選手の山本賢寿市議らとディスカッション。その中で横須賀が40万人以上の人口を持つ都市の中で唯一甲子園出場校を輩出していないことが話題に。横浜の高校に進んだ同選手は「難しい話だが施設の充実が必要だと思う。外から選手が来たくなるような練習設備を持つなど」と持論を展開。山本議員も「市内にない室内練習場の整備などが具体的な案になる」とした。

 地元での初講演を終えて秋山選手は「熱心に耳を傾けてくれて嬉しかった。横須賀の野球人口を増やす手伝いができれば」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

困窮世帯の教育支援

困窮世帯の教育支援

商議所女性会が横須賀市に寄付

12月8日

古民家で過ごす

「万代テラコヤ」

古民家で過ごす

ワークショップなど

12月8日

御神体、再び本殿へ

大津諏訪神社

御神体、再び本殿へ

改修工事終わり遷座祭

12月8日

県内747組が利用

パートナーシップ制度

県内747組が利用

本紙市町村アンケート

12月8日

「俺たち、最高に幸せです」

「俺たち、最高に幸せです」

トランスジェンダーの小松さん、奈良さん

12月8日

召しませ宮崎県産品

ポートマーケット

召しませ宮崎県産品

ミニアンテナショップ開設

12月8日

本まぐろ直売所

12/2・3は15周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook