横須賀版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

横須賀ラグビー協会 「W杯契機に普及の年へ」 試合観戦イベントを計画

スポーツ

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 今年9月に横浜市を含む国内12会場で開かれる「ラグビーワールドカップ」。開催を一つの起爆剤として横須賀市内でもラグビーの普及に繋げようと、「横須賀ラグビー協会」が動き出す。

 試合をリアルタイムで多くの人と観戦し、盛り上がろうとパブリックビューイングの実施を市に提案する予定だ。年明けから提言書としてまとめ、市へ提出。署名活動の展開も考えている。

 協会理事長の岩田嘉純さん=写真=によると、会場は天候に左右されない屋内施設としてヴェルクよこすかや文化会館などを想定。ルールがわからない人も観戦を楽しめるよう解説者をつけ、横須賀に縁あるラグビー選手のゲスト出演も模索中。9月20日夜に始まる日本の初戦、ロシアとの試合の観戦を希望している。また子どもたちにも観てもらおうと、28日夕方にキックオフされる強豪国アイルランドとの一戦での観戦も提案する。横須賀高校ラグビー部OB会長も務める岩田さんは「4年前の大会で日本が世界3位の南アフリカに劇的勝利を収めた時には市民の関心が高まり、ラグビーを始める子どもたちが増加した。今回も熱を高めるチャンス」と意気込む。

 これまでも協会では年間を通じて小学生、高校生、一般の年代ごとに毎年試合を開催。未就学児から中学生を対象としたスクール運営も行い、普及と環境づくりに努めてきた。「思いやりの心やフェアプレー精神など、生きていく上で大切なことを学べる。一人でも多くの仲間が生まれてほしい」と話した。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

開園16年目で1千万人

ソレイユの丘

開園16年目で1千万人 社会

2月26日号

春への誘い

田浦梅の里

春への誘い 社会

2月26日号

生産性向上の大切さ

生産性向上の大切さ 経済

青年会議所がウェブ講演会

2月26日号

ひな人形と“映え”写真

ひな人形と“映え”写真 文化

観音崎公園に手作りオブジェ

2月26日号

揃いの法被で威勢よく

しらかばこども園

揃いの法被で威勢よく 教育

2月26日号

カレーに「横須賀」たっぷり

カレーに「横須賀」たっぷり 経済

市内事業者がレトルト開発

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク