横須賀版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

認知症予防に鍼灸 市民公開講座に80人

社会

講師を務めた兵頭氏
講師を務めた兵頭氏

 鍼灸が認知症にもたらす影響についての市民公開講座が13日、ヴェルクよこすかで開かれた。講師に、学校法人後藤学園中医学研究所所長の兵頭明氏を迎え、同講座を主催した(一社)老人病研究会会長の川並汪一氏と、米が浜通にある中島内科クリニック院長の中島茂氏が司会を務めた。

 兵頭氏はまず、認知症の発症が生活習慣病患者に多いことを説明し、その上で、鍼灸を用いた予防法を体質別に紹介。「鍼治療は患者自身の自然治癒力を高めるもの」と強調した。

 後半では、実際に認知症患者が鍼治療を用いた効果や変化を、症例報告を示しながら解説。また、認知症予防や症状改善が期待される、脳の血流を促すツボを紹介し、参加者がその場で実践する場面もあった。

 講座には約80人が参加し、兵頭氏の話に熱心に耳を傾けていた。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

表現と「拡大/縮尺」の世界

横須賀美術館

表現と「拡大/縮尺」の世界

13日からセンス・オブ・スケール展

4月13日~6月23日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク