横須賀版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

プロ監修の中高生ミュージカル 「殻破る姿 観に来て」 2月1日に成果発表公演

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
本番を約2週間後に控え熱を帯びる稽古
本番を約2週間後に控え熱を帯びる稽古

 横須賀出身のミュージカル俳優・武藤寛さん=写真左下=が総監督を務める中高生による市民ミュージカルの成果発表公演が2月1日(土)、市生涯学習センター(西逸見町)で開かれる。中学1年生から高校3年生24人がキャストとして参加し一つの舞台を作り上げる。

 横須賀市生涯学習財団の主催で、ミュージカル制作を通じて「人づくり」「仲間づくり」「地域づくり」を図る。昨年10月に中高生を対象に募集を行い、キャストとして24人が集まった。11月から講座をスタートしている。

 作品名は「小さな国のつづきの話のつづきの話」。逸見出身で童話作家の故・佐藤さとるさんのファンタジー小説「コロボックルシリーズ」を下敷きに、劇作家の河田唱子さんがオリジナル脚本を書き下ろした。また、劇中の歌やダンスもすべて創作。市内在住でダンス講師の三宅裕子さんが振り付けを担当。作曲・ピアノを地元出身の作曲家・内田祥子さん。歌唱指導として、元劇団四季で市内在住の岡本和子さんが参加している。

 裏方は同じ募集で集まった高校生以上の計12人が担当。スケジュール管理やチラシ制作、衣装・小道具の調達などすべて行う。

 今回は30分程度のショートバージョンで、9月ごろに予定している本公演に向けてのプロローグ的位置づけ。「この活動を知るきっかけになれば。さらには、横須賀にもこんな力強い若者がいるんだ、ということを知ってほしい」と武藤さんは話す。

「自身の変化感じて」

 劇中で、すぐ人を好きになってしまうことを悩みに持つ「うさぎ」という役を演じる汐入町在住の中学1年生・きょうかさんは初めてのミュージカル。「人前で歌うことに最初は抵抗があったが、練習するうちに自信がついてきた」と自身の成長を実感。武藤さんは稽古中、子どもたちにしきりに「うまくやろうとせず思い切り、自分をさらけ出して」と声をかける。「リミットを外したり、努力したりすることで、講座の前と後で自分自身の変化を感じてほしい」と話す。

 ダブルキャストによる公演で午前11時と正午の2回。場所は同センター5階大学習室で入場無料、申込不要。問い合わせは同財団【電話】046・822・4838

横須賀版のローカルニュース最新6

「横須賀の景色、歌に乗せて」

3人組バンド

「横須賀の景色、歌に乗せて」 文化

新曲リリースで自主企画ライブ

12月3日号

闇夜に浮かぶ

闇夜に浮かぶ 社会

ゴジラのイルミ

12月3日号

「カイ」だけど「タコ」

「カイ」だけど「タコ」 教育

観音崎自然博物館に“珍客”

12月3日号

「駅弁半島」拡大に支援を

「駅弁半島」拡大に支援を 経済

リターンに地場野菜など

12月3日号

種付け完了、元気に育って

猿島産ブランドわかめ「さるひめ」

種付け完了、元気に育って 経済

12月3日号

次期県議選の定数協議

次期県議選の定数協議 政治

横須賀・三浦が再編対象

12月3日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook